クロスオーバー7にシックな内装の特別仕様車

2015.12.10 自動車ニュース
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7 モダンスタイル」
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7 モダンスタイル」 拡大

「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」にシックな内装の特別仕様車

富士重工業は2015年12月10日、「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」の特別仕様車「クロスオーバー7 モダンスタイル」を発表した。2016年1月5日に販売を開始する。

「ダークブラウン」の内装色を採用。
「ダークブラウン」の内装色を採用。 拡大

■シックで落ち着いた室内空間を演出

内装色に「ダークブラウン」を採用。タン色の内装を持つベースモデルと同様に、ブルーグリーンステッチなど遊び心を演出したデザインを織り込みつつ、シックで落ち着いた室内空間に仕立てている。

主な特別装備は以下のとおり。

・ファブリック/合成皮革シート(ダークブラウン/ブラック、ブルーグリーンステッチ)
・ドアトリム(ダークブラウン)
・本革巻きステアリングホイール(ブラック、ブルーグリーンステッチ)
・助手席インパネ加飾(ブラックレザー調素材、ブルーグリーンステッチ)
・リアクオータートリム(ブラックレザー調素材)

ボディーカラーは「クリスタルホワイト・パール」「プラチナムグレー・メタリック」「ダークブルー・パール」「クリスタルブラック・シリカ」「タングステン・メタリック」の全5色。車両価格は275万4000円で、月販計画は200台。

(webCG)

関連キーワード:
エクシーガ クロスオーバー7, スバル, 自動車ニュース

スバル エクシーガ クロスオーバー7 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • 世界で一番売れてるスバル車なのに!?
    どこかパッとしない新型「フォレスター」
    2018.8.29 デイリーコラム 世界で一番売れているスバル車が新型に! という触れ込みで華々しくデビューした5代目「フォレスター」だが、ページの閲覧者数など、『webCG』読者からの支持はいまひとつ……。読者の心をつかみ損ねた新型の、悩みの原因はどこにある?
  • 間もなく発売となる新型「スバル・フォレスター」
    洗練化の陰で失われた“伝統の技術”とは!?
    2018.6.20 デイリーコラム スバルのクロスオーバーSUV「フォレスター」の新型が間もなく発売される。5代目となる新型ではクルマ全体の水準が大きく引き上げられた一方で、初代からの伝統であった象徴的な装備が失われていることをご存じだろうか? 自動車ライター、大音安弘が解説する。
ホームへ戻る