安全装備が充実した「スバル・レヴォーグ」が登場

2016.10.03 自動車ニュース
「スバル・レヴォーグ 1.6GT EyeSight Smart Edition」
「スバル・レヴォーグ 1.6GT EyeSight Smart Edition」 拡大

富士重工業は2016年10月3日、「スバル・レヴォーグ」の特別仕様車「1.6GT EyeSight Smart Edition」を発表した。同年12月12日に販売を開始する。

今回のレヴォーグ1.6GT EyeSight Smart Editionは、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第4弾にあたる。

ベースとなったのは「1.6GT EyeSight」で、後側方警戒支援システムやサイドビューモニターなど安全装備をセットにした「アドバンスドセーフティーパッケージ」を標準装備としている。一方、エクステリアには専用17インチアルミホイールやブラックカラードドアミラーを採用したほか、上級グレードである「1.6GT-S EyeSight」と同デザインのLEDヘッドランプ(ブラックベゼル)、ダークメッキ加飾+ブラック塗装フロントグリルを装備している。また、インテリアでは運転席8ウェイパワーシートとアルミパッド付きスポーツペダルが与えられる。

価格は290万5200円。

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.4 試乗記 従来より幅広い車速域での運転支援を実現したアイサイト・ツーリングアシスト。この最新機能は走りを磨いた「STI Sport」にどんな“愉しさ”を与えたのか。「レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight」に試乗した。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • アルピーヌが「A110」のカタログモデルを9月に発表 2018.8.28 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは、ミドシップスポーツモデル「アルピーヌA110」に設定する新グレードを2018年9月21日に発表する。「ピュア」と「リネージ」の2種類で、前者には、鍛造アロイホイールや軽量モノコックバケットシートなどが装備される。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る