安全装備が充実した「スバル・レヴォーグ」が登場

2016.10.03 自動車ニュース
「スバル・レヴォーグ 1.6GT EyeSight Smart Edition」
「スバル・レヴォーグ 1.6GT EyeSight Smart Edition」 拡大

富士重工業は2016年10月3日、「スバル・レヴォーグ」の特別仕様車「1.6GT EyeSight Smart Edition」を発表した。同年12月12日に販売を開始する。

今回のレヴォーグ1.6GT EyeSight Smart Editionは、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第4弾にあたる。

ベースとなったのは「1.6GT EyeSight」で、後側方警戒支援システムやサイドビューモニターなど安全装備をセットにした「アドバンスドセーフティーパッケージ」を標準装備としている。一方、エクステリアには専用17インチアルミホイールやブラックカラードドアミラーを採用したほか、上級グレードである「1.6GT-S EyeSight」と同デザインのLEDヘッドランプ(ブラックベゼル)、ダークメッキ加飾+ブラック塗装フロントグリルを装備している。また、インテリアでは運転席8ウェイパワーシートとアルミパッド付きスポーツペダルが与えられる。

価格は290万5200円。

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグ, スバル, 自動車ニュース

スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバルWRX STI EJ20ファイナルエディション フルパッケージ(4WD/6MT)【試乗記】 2020.4.15 試乗記 「スバルWRX STI」が、名機「EJ20」型エンジンともどもいよいよ生産終了に。最後の限定モデル「EJ20ファイナルエディション」の試乗を通し、熟成極まったWRX STIの走りに触れるとともに、古式ゆかしきハイパフォーマンス4WDの来歴に思いをはせた。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバルが「WRX S4 STI Sport♯」の概要を発表 走りを磨いた500台の限定モデル 2020.5.26 自動車ニュース スバルが「WRX S4」に特別仕様車「STI Sport♯」を設定。運動性能を高めた台数500台限定のモデルで、「WRX STI」のコンプリートカー「S208」などと同じ空力パーツや、STI製の吸排気パーツ、コーナリング性能を高めるシャシー/ボディーパーツが採用されている。
  • ドゥカティ・パニガーレV4 S(MR/6MT)【レビュー】 2020.5.27 試乗記 0.91kg/PSというパワーウェイトレシオを誇る、ドゥカティのスーパースポーツ「パニガーレV4」。パフォーマンスを追求し、大幅改良が施された2020年モデルはどのようなマシンに仕上がっているのか? 上級仕様である「V4 S」の試乗を通し、その実力の一端に触れた。
ホームへ戻る