ポルシェ718ボクスター(後編)

2016.10.13 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ポルシェ718ボクスター」に試乗する。エンジンをフラット6の自然吸気からフラット4ターボに改めたミドシップポルシェを、谷口はどう評価するのだろうか?

ポルシェのドライビングには“理解”が必要

「ちょっと不安感があるよね」
ポルシェの新しい718ボクスターのハンドリングについて、谷口は開口一番にそう語った。

「なんか、いつ裏切られるかわからない感じがするんですよ」
これまでであれば、リアエンジンの「911」よりもミッドシップの「ボクスター」や「ケイマン」のほうがスタビリティー重視の設定で、安心感が強いというのが定説だった。ところが谷口はコーナリングで718ボクスターにかすかな不安を覚えたという。
「たとえば限界点がこの辺にあって、それを越えるまでは絶対に大丈夫という安心感が伝わってこなかったんです」

どうして谷口はそう感じたのだろうか?
「フロントの動きに落ち着きがないからだと思う。たとえばフロントにカナードとかリップをつけてダウンフォースを増やすか、ラゲッジルームにバラストでも積んでフロント荷重を増やしたら、この微妙な不安感を解消できるかもしれませんね」

実は谷口は「マクラーレン570S」の回でも似たようなコメントを口にしていた。
「これはミッドシップの宿命だと思いますよ」と谷口。
この言葉を聞いて、以前、彼が「レイアウト的には、僕はフロントエンジンが好きなんです」と語っていたのを思い出した。裏を返せば、谷口はフロント荷重が薄くなりがちのミドシップが苦手なのだろう。

つまり、これは718ボクスターが良い悪いというよりも、谷口の好みを反映した言葉なのかもしれない。その証拠に、谷口は「これはオーナーになってなれれば、たぶん大丈夫なはず。やはりポルシェというリアにエンジンがあるクルマでは、人間の側が機械に寄り添っていかないといけない部分があるんだと思います」とも語ったのである。

 
ポルシェ718ボクスター(後編)の画像 拡大
 
ポルシェ718ボクスター(後編)の画像 拡大
 
ポルシェ718ボクスター(後編)の画像 拡大
ポルシェ718ボクスター
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4379×1801×1281mm/ホイールベース:2475mm/車重:1335kg/駆動方式:MR/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:300ps(220kW)/6500rpm/最大トルク:38.8kgm(380Nm)/1950-4500rpm/タイヤ:(前)235/40ZR19 92Y (後)265/40ZR19 98Y/価格:658万円
ポルシェ718ボクスター
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4379×1801×1281mm/ホイールベース:2475mm/車重:1335kg/駆動方式:MR/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:300ps(220kW)/6500rpm/最大トルク:38.8kgm(380Nm)/1950-4500rpm/タイヤ:(前)235/40ZR19 92Y (後)265/40ZR19 98Y/価格:658万円 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.21 試乗記 主要な自動車ブランドの例にも漏れず、さまざまなSUVをラインナップするメルセデス・ベンツ。その一翼を担う新型車「GLB」とは、どんなクルマなのか? ガソリンターボの「GLB250 4MATICスポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る