第178回:涙が出るぜ! 不幸のポルシェ

2020.06.02 カーマニア人間国宝への道

軍事オタクのポルシェ事情

うららかな日の午後、思い立って友人にメッセージを送った。

「セラ様、いかがお過ごしですか。体調はどう? きょうは風がサワヤカだね」

相手は、ステージ4のガンと診断されて2年になる、昔の職場の大親友である。

ステージ4のガンだと聞いたときは、「もう死んじゃうんだな……」と思い、かける言葉も見つからなかったが、定期的に生存確認だけは続けてきた。

が、意外になかなか死なない。昔から不幸自慢が十八番で、今にもビルの屋上から飛び降りてしまいそうな男だったのに。今日もたちどころに返信があった。

なんと、「きのう、2年ぶりに取材に出た」とのこと。取材に出られるほど回復したのかぁ!

セラ様は国際・軍事ジャーナリスト。私と畑は違うが、25年前、共に北朝鮮を旅した仲でもある。

そして思い起こせば、クルマに関しても、浅からぬ縁があった。

お互いにまだ20代の頃、セラ様はポルシェを買った。モデルは「924」。「アウディポルシェ」とも呼ばれた、ちょっと不幸なポルシェだが、ポルシェはポルシェだ。

軍事オタクであるセラ様は、ナチスドイツの兵器に深い思い入れがあり、突如としてポルシェを買ったのである。

が、そのポルシェは大外れ。当時はまだ粗悪な中古ガイシャが多数市場に流通していた時代でもあり、彼の924は壊れまくった。

最もウケたのは、夜、リトラクタブルが勝手に開いてヘッドライトがついたり消えたりするというもので、職場では“超常現象”と呼ばれた。スイッチユニットのショートだったのでしょうけど、“不幸なセラの不幸のポルシェ”と、ネタにされまくったものでした。

ポルシェ924
ポルシェ924拡大
セラ様(左)とは、北朝鮮だけでなく、チベットも共に旅した。
セラ様(左)とは、北朝鮮だけでなく、チベットも共に旅した。拡大
米ワシントン州の土漠地帯演習場にて。日本では不可能な最大射程での射撃を果たした陸上自衛隊10(ひとまる)式戦車とセラ様。
米ワシントン州の土漠地帯演習場にて。日本では不可能な最大射程での射撃を果たした陸上自衛隊10(ひとまる)式戦車とセラ様。拡大
掃海母艦「うらが」に乗るセラ様。後方に展開する護衛艦は「きりさめ」。
掃海母艦「うらが」に乗るセラ様。後方に展開する護衛艦は「きりさめ」。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ポルシェ 718ボクスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェが「911タルガ4」「911タルガ4S」の新型を発表 2020.5.18 自動車ニュース 独ポルシェは2020年5月18日(現地時間)、「911タルガ4」および「911タルガ4S」の新型を発表した。サイドまで回り込んだリアウィンドウやワイドなBピラーを残したままでソフトトップが開くオープントップボディーが特徴となっている。
  • 世界限定992台 「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内受注スタート 2020.6.3 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年6月2日、「911タルガ」をベースとした限定車「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」を導入すると発表し、予約受注を開始した。
  • モーガン・スリーホイーラー(FR/5MT)【試乗記】 2020.6.9 試乗記 モーガンが、自身の起源に深く関わるサイクルカーを、自らの手で復活させた「スリーホイーラー」。前2輪、後ろ1輪の車体に、鼓動感あふれる2リッターVツインエンジンを搭載したそのマシンは、日常を冒険に変えてしまう一台だった。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
ホームへ戻る