カーボン装飾が施された「フォルクスワーゲン・ゴルフR」の限定車登場

2016.10.11 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフRカーボンスタイル」
「フォルクスワーゲン・ゴルフRカーボンスタイル」 拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年10月11日、「ゴルフR」をベースとした特別仕様車「ゴルフRカーボンスタイル」を100台限定で発売した。

専用装備となるカーボンドアミラーが、レーシーな雰囲気を高める。
専用装備となるカーボンドアミラーが、レーシーな雰囲気を高める。 拡大
写真のボディーカラーは「ラピスブルーメタリック」。
写真のボディーカラーは「ラピスブルーメタリック」。 拡大

ゴルフRは最高出力280psの2リッターターボエンジンとフルタイム4WDシステムを搭載した、ゴルフの最上級モデルである。

今回の特別仕様車は、同車をベースに内外装の一部に特別装備を採用したもので、同車専用装備となるカーボンドアミラーや、カーボン調のナパレザーシート、グレーペイントの8J×19アルミホイールおよび235/35R19タイヤが備えられている。

トランスミッションは6段MTと6段ATが設定されており、ボディーカラーは「ラピスブルーメタリック」のほか、6段AT仕様車では6万4800円の有償色である「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」も選択できる。

価格とボディーカラー別の販売台数は以下の通り。

ゴルフRカーボンスタイル(4WD/6MT):556万円
・ラピスブルーメタリック(20台)

ゴルフRカーボンスタイル(4WD/6AT):566万円
・ラピスブルーメタリック(50台)
・オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト(30台)

(webCG)
 

 

関連キーワード:
ゴルフ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.14 試乗記 Cセグメントハッチバックの世界的ベンチマーク「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がいよいよフルモデルチェンジ。劇的なまでのデジタル化に込められたフォルクスワーゲンの狙いとは? 8代目となる新型の出来栄えを、ポルトガルよりリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
ホームへ戻る