2リッター直4搭載の「BMW Z4 sDrive20i」登場

2011.10.24 自動車ニュース

2リッター直4搭載の「BMW Z4 sDrive20i」登場

BMWジャパンは2011年10月24日、ロードスターの「Z4」に新開発の2リッター直列4気筒ターボエンジンと8段ATを搭載した「sDrive20i」、ならびにロードスターモデルとしては初のエコカー減税対象モデルとなる「sDrive20i Cruising Edition(クルージングエディション)」を発売した。納車は2011年10月下旬からを予定している。

「Z4 sDrive20i」に搭載される新型2リッター直4ターボエンジンはN20型と呼ばれるもの。ツインスクロール・ターボ・チャージャー、高精度直噴システム、吸排気バルブタイミングを最適に調整するダブルVANOS、吸気バルブのリフト量を無段階制御するバルブトロニックを組み合わせた“ツインパワーターボ”技術が採用され、245ps版と184ps版が存在する。

「sDrive20i」に搭載されたのは出力を抑えた後者のほう。出力とトルクはこのエンジンをすでに採用している「523i」とまったく同じ184ps/5000rpmおよび27.5kgm/1250-4500rpm、燃費は10・15モードで12.8km/リッター、JC08モードで13.4km/リッターと発表されている。なお今回の発表に伴い、2.5リッター直6エンジンを搭載する「sDrive23i」は廃止された。

一方、「sDrive20i Cruising Edition」は、タービンスポーク・スタイリング292アロイホイール、ウインドディフレクター、サーボトロニックなど、快適性や操作性を高めた装備が追加された特別仕様車である。「平成22年度燃費基準+20%」および「平成17年度排ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」を達成し、自動車取得税および重量税が約50%減税となるエコカー減税対象モデルにロードスターモデルとしては初めて認定された。

価格は以下のとおり。
・BMW Z4 sDrive20i:499万円
・BMW Z4 sDrive20i Cruising Edition:519万円

(webCG 竹下)

「BMW Z4 sDrive20i」
「BMW Z4 sDrive20i」 拡大

関連キーワード:
Z4, BMW, 自動車ニュース

BMW Z4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.22 試乗記 BMWのオープントップモデル「Z4」の新型がいよいよ日本に上陸した。今回テストに連れ出したのは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したトップグレード「M40i」。箱根のワインディングロードで、その出来栄えをチェックした。
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
ホームへ戻る