BMW 100周年記念モデル、第11弾は「4シリーズ グランクーペ」

2016.10.24 自動車ニュース
「BMW 4シリーズ グランクーペ セレブレーションエディション インスタイル」
「BMW 4シリーズ グランクーペ セレブレーションエディション インスタイル」 拡大

BMWジャパンは2016年10月24日、「BMW 4シリーズ グランクーペ」に特別仕様車「4シリーズ グランクーペCelebration Edition“IN STYLE”(セレブレーションエディション インスタイル)」を設定し、同年11月5日に発売すると発表した。200台限定販売で、価格は642万円。

バイカラー塗装の19インチホイールと、サテンアルミ仕上げのエアブリーザーがサイドビューを引き締める。
バイカラー塗装の19インチホイールと、サテンアルミ仕上げのエアブリーザーがサイドビューを引き締める。 拡大
 
BMW 100周年記念モデル、第11弾は「4シリーズ グランクーペ」の画像 拡大

今回の特別仕様車はBMWの創立100周年を記念した限定モデルの第11弾にあたり、「BMW 420iグランクーペ Mスポーツ」をベースに仕立てられた。

エクステリアはバイカラーの19インチホイールを装備するほか、ウィンドウモールディングとフロントフェンダーのエアブリーザーには専用サテンアルミ仕上げが施される。

インテリアは専用ブルーステッチ付きのブラックのダコタレザーシートを装備。これにアッシュグレインインテリアトリムとBMW Mパフォーマンスステンレススチールペダルセット&フットレストを組み合わせることで、スポーティー感がより強調されている。

また、衝突回避・被害軽減ブレーキやレーンチェンジウォーニングなどの先進安全装備をベースモデルと同様に採用するほか、ヘッドアップディスプレイとアダプティブLEDヘッドライトが追加装備され、さらに安全性が高められている。

主な特別装備は以下の通り。

  • ボディーカラー 「アルピンホワイト」、または「カーボンブラック」
  • アダプティブLEDヘッドライト(LEDハイ/ロービーム、LEDフロントターンインジケーター、LEDスモールライトリング、LEDコーナリングライト、LEDフロントサイドマーカー<光軸自動調節機構付き>)
  • 専用19インチMライトアロイホイール ダブルスポークスタイリング442M<バイカラー塗装>(フロント:8Jx19ホイール+225/40R19タイヤ/リア:8.5Jx19ホイール+255/35R19タイヤ)
  • 専用サテンアルミニウムサイドウィンドウフレームモールディング/エアブリーザー
  • ダコタレザーシート「ブラック(専用ブルーステッチ付き)」
  • フロントシートヒーティング(運転席&助手席)
  • アッシュグレインウッドインテリアトリム(インレイ付き)
  • BMWヘッドアップディスプレイ
  • BMW Mパフォーマンス ステンレススチールペダルセット
  • BMW Mパフォーマンス ステンレススチールフットレスト

(webCG)

関連キーワード:
4シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW 4シリーズ グランクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • BMW M3セダン(FR/7AT)【試乗記】 2014.8.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.4.17 試乗記 新型となった「BMW Z4」の実力を探るべく、3リッター直6エンジンを積んだ上級グレード「M40i」に試乗。端々に初代モデルへの回帰が感じられる3代目は、ライバル「ポルシェ718ボクスター」の存在を脅かすのに十分な実力を備えていた。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
ホームへ戻る