トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ

2016.11.22 自動車ニュース
「トヨタ・マークX 350RDS」
「トヨタ・マークX 350RDS」拡大

トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「マークX 350RDS」のインストゥルメントパネルまわり。アクセルやブレーキペダル、フットレストはアルミニウム製が採用される。
「マークX 350RDS」のインストゥルメントパネルまわり。アクセルやブレーキペダル、フットレストはアルミニウム製が採用される。拡大
グレードごとに仕様の異なる室内デザインが用意されている。写真は「350RDS」。
グレードごとに仕様の異なる室内デザインが用意されている。写真は「350RDS」。拡大
フロントまわりはデザインを一新。迫力を増して押しの強い印象を与える。
フロントまわりはデザインを一新。迫力を増して押しの強い印象を与える。拡大

「マークX 250G」。ボディーカラーはブラック。


	「マークX 250G」。ボディーカラーはブラック。
	拡大
「マークX 250S Four」。ボディーカラーはダークレッドマイカメタリック。
「マークX 250S Four」。ボディーカラーはダークレッドマイカメタリック。拡大

今回のマイナーチェンジでは、“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティーセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインを一新。ボディー剛性の強化などで基本性能も底上げされたほか、安全装備の充実も図られている。さらに新スポーツグレード「250RDS」と「350RDS」が追加設定され、350RDSには最高出力318ps/最大トルク38.7kgmを発生する3.5リッターV6自然吸気エンジンを採用。そのほかのグレードには同203ps/同24.8kgmを発生する2.5リッターV6自然吸気エンジンが搭載される。トランスミッションは6段ATが組み合わされる。

エクステリアでは、新デザインのバンパーやグリル、ヘッドランプの採用により、フロントフェイスをダイナミックに強調。このフロントフェイスは、グレードごとに表情に変化がつけられている。また、足まわりにはスパッタリング塗装がされた18インチアルミホイールや、切削光輝+ダークグレーメタリック塗装を施した16インチアルミホイールが装備される。ボディーカラーは新色のトゥルーブルーマイカメタリックを含む全6色を設定。洗車などによる小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」が全色に採用されている。さらに、「250S」「250S Four」と250RDS、350RDSは、ヘッドランプにLEDランプを組み合わせた角型6眼タイプを採用。これらグレードにはリアスポイラーも備わる。

インテリアでは、素材、カラーリングなど、グレードごとに仕様の異なるインテリアデザインが用意される。また、“Fパッケージ”以外のグレードにディンプル付き本革巻き4本スポークステアリングホイールを採用したほか、室内スイッチなどの照明がクリアブルーに統一されている。さらに250S、250S Four、250RDS、350RDSにはシフトパドルと、アルミ製のペダル/フットレストが装備される。

ボディーは、溶接のスポット打点を追加し、構造用接着剤の使用などにより接合剛性を強化。また、フロント・リアともサスペンションにチューニングを施し、操舵時の車両応答性や、グリップ感、乗り心地の向上が図られている。そのほか、250RDS、350RDSには電子制御でショックアブソーバーの減衰力をコントロールする「AVS」も搭載される。

安全面では、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティーセンスP」が全車に標準装備された。ミリ波レーダーと単眼カメラによる、歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティー、ブレーキ制御機能付きレーダークルーズなどが組み合わせられたパッケージとなっている。

ラインナップと価格は以下の通り。
・250G“Fパッケージ”(FR):265万6800円
・250G(FR):291万6000円
・250G Four“Fパッケージ”(4WD):290万1960円
・250G Four(4WD):316万1160円
・250S(FR):320万7600円
・250S Four(4WD):345万2760円
・250RDS(FR):343万4400円
・350RDS(FR):385万0200円

(webCG)

関連キーワード:
マークX, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.18 試乗記 要人御用達の国産ショーファードリブンカー「トヨタ・センチュリー」が、20年ぶりにフルモデルチェンジ。「継承と進化」をテーマに開発された新型は、ほかのサルーンでは味わえない独自の高級車像を築き上げていた。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • アウディA8(4WD/8AT)/A7スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.24 試乗記 くしくも(?)2台そろい踏みでの日本上陸となったアウディの「A8」と「A7スポーツバック」。日本上陸が同時なら、公道試乗会も同時開催。「技術による先進」を掲げるブランドの、“ツートップ”の出来栄えやいかに!?
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
ホームへ戻る