BMW i8(前編)

2016.12.01 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回はBMWのプラグインハイブリッド・スポーツカー「i8」に試乗する。BMWが示した「スーパースポーツカーの未来形」は、谷口の目にどのように映っているのだろうか。

すべてクルマがコントロールしてくれる

箱根でBMW i8の試乗を終えた谷口信輝は、開口一番、こう語った。
「僕は意外といいと思いましたよ」

こうやって文字にすれば素直に褒めているようにも思えるが、実際にその場にいあわせた私には「普段はキレ味のいい谷口にしては珍しく、奥歯にモノが挟まった言い方だなあ」と感じられた。だからといって谷口がウソをついているとはもちろん思えない。ただし、“いい”という結論にたどり着くためには普通のクルマよりもいくぶん複雑な過程をたどらなければいけないために、結果として奥歯にモノが挟まったかのような言い方になってしまった……。私にはそんなふうに思えた。

では、その「複雑な過程」とはどのようなものなのか。ここからは谷口自身に解説してもらおう。
「最初に乗り始めたときは、例えばパワーステアリングがちょっと軽めでフロントの接地感が薄めに思えたり、若干腰高な感じがして、それが微妙な不安感に結びついていたりしたんですよ。ただね、徐々にペースを上げていくと、これが意外となにも起こらない。いや、正直に言うと、かなり思いっきり攻めたんですよ。そうすると、フロントのほうがキャパシティー的に不足しているのか、タイヤがアウトに逃げそうになるんですが、ここで電子デバイスがうまーく介入してきて、ちゃーんとアンダーステアを消してくれる。ドライバーは特別なことをしなくてもすんなり曲がっていく。ちゃんと制御してくれるんですよ」

ペースを上げたときにただ制御が介入するだけだったら、きっと面白くともなんともなかったはず。それでも谷口はi8をきちんと評価していた。その理由は、主にふたつあるように思われた。ひとつは、スタビリティーコントロールなどの制御が極めて精密な点。
「タイヤ的に危ない領域に入りかけたとき、『はい終了!』って感じでブレーキ制御が“グッグッグッグッグ”と入ってくるんじゃなく、すーっと自然と介入してくれる。制御の仕方にいやーなところがまったくないんです」

それともうひとつ大切なのが、限界のずっと手前ではなく、それなりにタイヤをギリギリまで使い切れる点にあるように思われた。
「あのね、結構いい勢いでコーナーに進入していったんですよ。本当だったらブレーキ踏んでから進入したいけれど、勇気出してブレーキペダルに触らないで入っていったんです。で、瞬間的にフロントがアウトに逃げそうな感じはするんですが、そこから先はすべてクルマがコントロールしてくれる。『あれ、行かせてくれるんだ?』ってこっちが拍子抜けしちゃうくらい、そのままいけちゃう。これはすごいですよね」

 
BMW i8(前編)の画像拡大
 
BMW i8(前編)の画像拡大
 
BMW i8(前編)の画像拡大
BMW i8
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1940×1300mm/ホイールベース:2800mm/車重:1500kg/駆動方式:4WD/エンジン:1.5リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:6AT/エンジン最高出力:231ps(170kW)/5800rpm/エンジン最大トルク:32.6kgm(320Nm)/3700rpm/モーター最高出力:131ps(96kW)/3800rpm/モーター最大トルク:25.5kgm(250Nm)/0-3700rpm/タイヤ:(前)215/45R20 (後)245/40R20/燃費:19.4km/リッター(JC08モード)/車両価格=1991万円
BMW i8
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1940×1300mm/ホイールベース:2800mm/車重:1500kg/駆動方式:4WD/エンジン:1.5リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:6AT/エンジン最高出力:231ps(170kW)/5800rpm/エンジン最大トルク:32.6kgm(320Nm)/3700rpm/モーター最高出力:131ps(96kW)/3800rpm/モーター最大トルク:25.5kgm(250Nm)/0-3700rpm/タイヤ:(前)215/45R20 (後)245/40R20/燃費:19.4km/リッター(JC08モード)/車両価格=1991万円拡大
 
BMW i8(前編)の画像拡大

関連キーワード:
i8BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i8(4WD/6AT)【試乗記】 2015.4.9 試乗記 BMWが次世代のスポーツカーとして世に送る、プラグインハイブリッド車「i8」。実際、どんなドライブフィーリングが得られるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で試してみた。
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.5.21 試乗記 次世代のモビリティーを提案するプラグインハイブリッド車であり、BMWのスポーツカーのなかでも最も高額なモデルである「BMW i8」。マイナーチェンジとともに追加されたオープントップの「ロードスター」に、風光明媚なスペイン・マヨルカ島で試乗した。
  • ホンダが「NSX」の改良モデルを発表に先駆けて公開 2018.8.24 自動車ニュース 本田技研工業は2018年8月24日、同年秋に発表を予定している「NSX」の改良モデルを、同社ウェブサイトで先行公開した。改良モデルでは、「人間中心のスーパースポーツ」としてさらなる進化を目指したという。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • アウディQ8 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)/Q8 55 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.8.21 試乗記 アウディの新たなフラッグシップSUV「Q8」に試乗。ラグジュアリークーペのようなスタイリングとSUVの多用途性を両立させるというニューモデルは、どんな走りを見せるのか。南米チリの砂漠地帯から報告する。
ホームへ戻る