「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車

2016.12.08 自動車ニュース
「スズキ・ソリオ バンディット Fリミテッド」
「スズキ・ソリオ バンディット Fリミテッド」拡大

スズキは2016年12月8日、ハイトワゴンタイプのコンパクトカー「ソリオ バンディット」に特別仕様車「Fリミテッド」を設定し、販売を開始した。

 
「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車の画像拡大

今回の特別仕様車は、マイルドハイブリッド車の「ハイブリッドMV」をベースに、メッキのドアハンドルやラックススエードとレザー調皮革のコンビシート、スエード調ドアトリムクロス、ブロンズメタリックの装飾パーツなどで内外装をドレスアップしたモデルである。

装備も充実しており、後席右側ワンアクションパワースライドドアやクルーズコントロールシステム、助手席シートヒーターが備えられている。

特別装備は以下の通り。
・専用シート表皮(ラックススエード&レザー調)
・専用ドアトリム表皮(スエード調)
・専用インテリア加飾色(インパネアッパーガーニッシュ、ドアトリムガーニッシュ、ステアリングガーニッシュ、インパネセンターガーニッシュ、エアコンルーバーガーニッシュ<ブロンズメタリック>)
・専用ステアリング、シフトノブスイッチ(シルバーステッチ)
・後席右側ワンアクションパワースライドドア(後席左側は標準装備)
・助手席シートヒーター(FF車のみ4WD車は標準装備)
・クルーズコントロール(デュアルカメラブレーキサポート非装着車のみ、デュアルカメラブレーキサポート装着車は標準装備)

ボディーカラーは同車専用設定のゴールド×黒のツートン、およびゴールド、グレーを含む全6種類。価格はFF車が189万4320円、4WD車が201万7440円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ソリオ バンディット, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ソリオ バンディット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドMV(FF/CVT)【試乗記】 2015.11.29 試乗記 5ナンバーサイズのコンパクトカーと軽自動車の間という、絶妙なボディーサイズが特徴の「スズキ・ソリオ」。人気の軽ハイトワゴン&軽トールワゴンではなく、あえてこのサイズのコンパクトワゴンを選ぶ意義とは? 競合車にはないソリオならではの魅力を探る。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ(FF/CVT)/ソリオ バンディット ハイブリッドMV(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.17 試乗記 スズキのコンパクトハイトワゴン「ソリオ」がフルモデルチェンジ。新設計のプラットフォームによる大幅な軽量化や、さらなる高効率パッケージの実現、新開発のエンジンにマイルドハイブリッドシステムの搭載など、トピック満載の新型の実力を試した。
  • スズキ・ソリオ(後編) 2015.8.26 画像・写真 注目は燃費や予防安全装備だけにあらず。新型「スズキ・ソリオ」は、コンパクトハイトワゴンの本領である使い勝手も改善している。「バンディット ハイブリッドMV」を題材に、内外装のディテールや、収納スペース、快適装備などを写真で紹介する。
ホームへ戻る