「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車

2016.12.08 自動車ニュース
「スズキ・ソリオ バンディット Fリミテッド」
「スズキ・ソリオ バンディット Fリミテッド」拡大

スズキは2016年12月8日、ハイトワゴンタイプのコンパクトカー「ソリオ バンディット」に特別仕様車「Fリミテッド」を設定し、販売を開始した。

 
「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車の画像拡大

今回の特別仕様車は、マイルドハイブリッド車の「ハイブリッドMV」をベースに、メッキのドアハンドルやラックススエードとレザー調皮革のコンビシート、スエード調ドアトリムクロス、ブロンズメタリックの装飾パーツなどで内外装をドレスアップしたモデルである。

装備も充実しており、後席右側ワンアクションパワースライドドアやクルーズコントロールシステム、助手席シートヒーターが備えられている。

特別装備は以下の通り。
・専用シート表皮(ラックススエード&レザー調)
・専用ドアトリム表皮(スエード調)
・専用インテリア加飾色(インパネアッパーガーニッシュ、ドアトリムガーニッシュ、ステアリングガーニッシュ、インパネセンターガーニッシュ、エアコンルーバーガーニッシュ<ブロンズメタリック>)
・専用ステアリング、シフトノブスイッチ(シルバーステッチ)
・後席右側ワンアクションパワースライドドア(後席左側は標準装備)
・助手席シートヒーター(FF車のみ4WD車は標準装備)
・クルーズコントロール(デュアルカメラブレーキサポート非装着車のみ、デュアルカメラブレーキサポート装着車は標準装備)

ボディーカラーは同車専用設定のゴールド×黒のツートン、およびゴールド、グレーを含む全6種類。価格はFF車が189万4320円、4WD車が201万7440円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ソリオ バンディット, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ソリオ バンディット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ/ソリオ バンディット ハイブリッドMV【試乗記】 2020.12.24 試乗記 5ナンバー規格に収まるフットプリントと背高ボディーで人気の「スズキ・ソリオ」がフルモデルチェンジ。コンパクトさと広さの両立を求められる日本ならではのファミリーカー、その最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2020.12.8 試乗記 8年ぶりに一新された日産のコンパクトカー「ノート」に、その開発に使われたテストコースで試乗。先代で好評だったハイブリッドシステム「e-POWER」に磨きをかけた新型は、驚くほど上質な一台に仕上がっていた。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • フルモデルチェンジした「ルノー・キャプチャー」 2021年2月に上陸 2021.1.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2021年1月14日、フルモデルチェンジした「ルノー・キャプチャー」を同年2月上旬に国内導入すると発表した。7年ぶりとなる新型は「すべてにおいてコンパクトSUVの枠を超えたモデル」とアピールされる。
  • 「シトロエンC3」がマイナーチェンジ フロントデザインを一新 2021.1.7 自動車ニュース グループPSAジャパンは2021年1月7日、シトロエンブランドのコンパクトハッチバック車「C3」のマイナーチェンジモデル導入を発表し、販売を開始した。内外装デザインの変更に加えて、1.2リッター直3ターボエンジンの燃費改善を図っている。
ホームへ戻る