「レンジローバー/レンジローバー スポーツ」の2017年モデル受注開始

2016.12.08 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー SVオートバイオグラフィー ダイナミック」
「ランドローバー・レンジローバー SVオートバイオグラフィー ダイナミック」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年12月8日、「レンジローバー」と「レンジローバー スポーツ」の2017年モデルを発表し、受注を開始した。

「レンジローバー SVオートバイオグラフィー ダイナミック」の内装。シートのステッチは4色から選択できる。
「レンジローバー SVオートバイオグラフィー ダイナミック」の内装。シートのステッチは4色から選択できる。拡大
「レンジローバー スポーツ」の2017年モデル。
「レンジローバー スポーツ」の2017年モデル。拡大

2017年モデルでは、レンジローバー、レンジローバー スポーツともに最高出力258ps/最大トルク61.2kgmを発生する3リッターV6ディーゼルターボエンジン搭載モデルが設定された。また、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」が全グレードに標準装備とされたほか、安全装備の充実も図られている。レンジローバーにはジャガー・ランドローバー内の特別車両企画製作部門であるスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を手がけた新グレード「SVオートバイオグラフィー ダイナミック」も追加設定された。

「InControl Touch Pro」システムには、ランドローバー車としては初めて、通信機能を追加(オプション)することが可能になった。車両の故障時や、乗員が急病になったときにオペレーターと会話をしたり、スマートフォンの専用アプリを介して車両位置情報、トリップデータ、ドアやウインドウの開閉状況を確認したり、施錠やエアコンを遠隔操作することができる。

安全装備は、ブラインドスポットモニターに加えて、ブラインドスポットモニターの警告に従わずドライバーが車線変更を続けた場合に、ステアリングに逆方向の力を加えて衝突を回避する「ブラインドスポットアシスト」もパッケージオプションとして選択できる。

レンジローバーに追加設定されたSVオートバイオグラフィー ダイナミックは、5リッターV8のスーパーチャージャー付きエンジンを搭載。最高出力550ps、最大トルク69.3kgmを発生する。エクステリアにはグラファイトアトラス仕上げのフロントグリルとボンネットフィニッシャー、SVOサイドベント、ブレンボ製のレッドキャリパーを採用。インテリアには4色から選択可能なダイヤモンドキルテッドステッチが入ったセミアニリンレザーシート、ノール加飾が施されたスイッチ類などが用いられている。

ラインナップと価格は以下の通り。

【レンジローバー】(ガソリンエンジン搭載モデル)

  • ヴォーグ(340ps):1377万円
  • ヴォーグ(380ps):1490万円
  • ヴォーグ ロングホイールベース(380ps):1554万円
  • ヴォーグ:1657万円
  • オートバイオグラフィー:1866万円
  • オートバイオグラフィー ロングホイールベース:1962万円
  • SVオートバイオグラフィー ダイナミック:2405万円
  • SVオートバイオグラフィー:2944万円

【レンジローバー】(ディーゼルエンジン搭載モデル)

  • ヴォーグ:1420万円
  • オートバイオグラフィー:1676万円

【レンジローバー スポーツ】(ガソリンエンジン搭載モデル)

  • SE:860万円
  • HSE:989万円
  • オートバイオグラフィー ダイナミック(V6エンジン):1188万円
  • オートバイオグラフィー ダイナミック(V8エンジン):1393万円
  • SVR:1648万円

【レンジローバー スポーツ】(ディーゼルエンジン搭載モデル)

  • SE:895万円
  • HSE:1019万円
  • HSEダイナミック:1090万円

(webCG)

関連キーワード:
レンジローバー, レンジローバー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.7.11 試乗記 ランドローバーのプレミアムコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の2代目が日本上陸を果たした。新しいプラットフォームとマイルドハイブリッドの採用によって、ブランド躍進の立役者はどう進化したのか。最高出力300psを誇るトップグレードで確かめた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.4 試乗記 BMWのSAV(スポーツアクティビティービークル)「X5」の新型がいよいよ日本に上陸。世の中にプレミアムSUVというジャンルを生み出した、いわばパイオニアというべきモデルの最新バージョンは、今もなおカテゴリーリーダーといえる実力を備えているのだろうか。
  • メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ【海外試乗記】 2019.7.3 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、メルセデスの中核SUV「GLC/GLCクーペ」にマイナーチェンジが施された。しかし“単なるマイチェン”と思うなかれ。ドイツ国内でステアリングを握った筆者は、その変わりっぷりに驚かされたのだった。
ホームへ戻る