【東京オートサロン2017】トヨタ、「ヴィッツ」と「アクア」の「TGRコンセプト」を出展

2016.12.16 自動車ニュース
「ヤリスWRC」
「ヤリスWRC」拡大

トヨタ自動車は2016年12月16日、東京オートサロン2017(開催期間:2017年1月13日~15日)にTOYOTA GAZOO Racing/LEXUS GAZOO Racingブースを出展、その概要を発表した。

「アクアTGRコンセプト&ヴィッツTGRコンセプト」
「アクアTGRコンセプト&ヴィッツTGRコンセプト」拡大
 
【東京オートサロン2017】トヨタ、「ヴィッツ」と「アクア」の「TGRコンセプト」を出展の画像拡大

TOYOTA GAZOO Racingの出展テーマは「オープンピット・オープンガレージ」。さまざまなモータースポーツへの挑戦を通じて生み出された、数々のクルマを紹介する。

出展車両は、「トヨタ・ヴィッツ」「トヨタ・アクア」の「TGRコンセプト」、2017年のFIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦する「ヤリスWRC」のほか、2016年12月14日に発売した「C-HR」のカスタマイズカーや、ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車両、歴代のWRC参戦車両など。

さらに、今回は特設ブースを別会場に設置。TRDやトヨタモデリスタ、トヨタ純正用品などカスタマイズブランドのパーツでドレスアップされたさまざまなC-HRを展示し、カスタマイズの魅力を紹介するという。

LEXUS GAZOO Racingブースでは、「レクサスRC F」をベースとした、最新のGT3カーを世界初公開する予定だ。

(webCG)
 

関連キーワード:
ヴィッツアクアトヨタ東京オートサロン2017 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • トヨタヴィッツにスポーツグレード「RS」登場 2000.10.25 自動車ニュース ヴィッツのスポーツパッケージオプション、「U ユーロスポーツエディション」が、「RS」というグレード名に変更され、2000年10月 23日に発売された。3dr、5drというボディ形状は同じながら、従来の1.3リッターに 加え、ヴィッツとしては初めて1.5リッターユニットが搭載された。RSは、専用チューニングを施されたサスペンションを採用。リヤブレーキがディスク になったのも新しい。1.5リッターVVT-iエンジン(110PS、14.6kgm)搭載車には185/ 55R15タイヤを履く専用アルミホイールを装着、走りの向上を目指した。EBD付ABSは 全車に標準装備された。外装は専用のフロントバンパー、サイドマッドガード、リヤバンパー、ブラックアウ ト化されたヘッドランプが採用された。ボディカラーは、ストロンダブルーメタリッ ク、グレーメタリックを新設定、計6色から選択できる。内装面では、タコメーター付のアナログメーターをはじめ、専用のスポーツシート (フロント)や本革巻きのステアリングホイールを採用。内装色をダークグレーのモ ノトーンで統一し、スポーティーさを演出する。価格は122.3万円〜158.0万円。
  • 第77回:病膏肓に入る 2018.2.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第77回は「病膏肓に入る」。「MJ戦略参謀本部」放談、第5弾。スバリスト2名を含む個性派カーマニアたちが、今、欲しいクルマベスト3を発表! フェラーリを愛する筆者が国民車としてイチオシするクルマとは?
ホームへ戻る