ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表

2016.12.21 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」拡大

伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。

 
ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表の画像拡大

最高出力は740ps

今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムの採用が主な特徴となっている。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4797×2030×1136mmで、ホイールベースは2700mm。搭載される6.5リッターV12自然吸気エンジンは最高出力740ps/8400rpmと最大トルク70.4kgm/5500rpmを発生する。可変バルブタイミングシステムと可変インテークシステムの最適化により、トルクカーブが厚みを増したほか、最高回転数も8350rpmから8500rpmに上昇している。動力性能は0-100km/hが2.9秒、最高速度が350km/h。トランスミッションはシングルクラッチ式のセミAT「ランボルギーニISR」で、0.05秒以内にギアチェンジができるという。

4輪操舵システムは、ランボルギーニの量産車として初めて搭載された。このシステムは、低速走行時には後輪がステアリングと逆方向を向くことで回転半径を抑え、ステアリングの操作量を低減。一方、高速走行時には前後輪の向きが同位相となることで、安定した走行を可能にしている。

ランボルギーニ・チェントロ・スティーレの手になるエクステリアデザインは、フロントとリアを中心に一部が改良されたほか、「カウンタック」を想起させるリアホイールアーチのラインなど、過去のモデルのアイコン的なデザイン要素が取り入れられている。またデザインの変更により、現行型のアヴェンタドール クーペに比べてフロントのダウンフォースが130%向上するなど、空力性能も改善しているという。

コックピットのデザインも一新されており、新たにドライバーの好みに応じてカスタマイズできるTFTデジタルダッシュボードを採用。また、ドライビングモードにはこれまでの「ストラーダ」「スポルト」「コルサ」に加えて、新たに「エゴ」が追加された。このシステムでは、選択されたモードに応じてエンジンやパワートレイン、ステアリング、サスペンションの設定が変更される。エゴモードでは、ストラーダ、スポルト、コルサの設定をベースに、これらの制御をドライバーの好みに応じてカスタマイズできる。

ブレーキ性能も強化されており、カーボンセラミック製ブレーキディスクを標準装備。これにより、100km/hからの制動距離が31mに短縮されている。

価格や発売日などはアナウンスされていない。

(webCG)

関連キーワード:
アヴェンタドール, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.19 試乗記 ランボルギーニV10史上最強と言われた、最高出力640psを誇る「ペルフォルマンテ」のエンジンと、全輪駆動、全輪操舵のドライブトレインが採用された「ウラカンEVO」に富士スピードウェイで試乗。ベビーランボの最終形態はどんな進化を遂げたのか?
ホームへ戻る