GM、「キャデラックATS」など一部モデルの価格と装備を変更

2017.01.05 自動車ニュース
「キャデラックATSセダン ラグジュアリー」
「キャデラックATSセダン ラグジュアリー」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、「キャデラックATSセダン/クーペ」と「キャデラックATS-V/CTS-V」の装備を変更するとともに、一部グレードの価格を、2017年1月6日に改定すると発表した。

「CTS-VセダンSpec-A」
「CTS-VセダンSpec-A」拡大

今回、ATSセダン/クーペとATS-V/CTS-Vの全モデルで、これまでのApple CarPlayに加えて、新たにAndroid Autoにも対応。スマートフォンとの連携機能が強化された。

また、ATSセダン/クーペでは、インパネのデザイン変更により質感の向上が図られたほか、ATSセダンには新たに「ライトニュートラル/ジェットブラックアクセント」のインテリアカラーが導入された。さらに「ATSセダン ラグジュアリー」では、新デザインの17インチアルミホイールを採用。CUEナビゲーションシステムをオプションとすることで価格を400万円台に抑え、価格競争力が高められた。

CTS-Vには新たにリアカメラミラーが採用された。

価格の改定があったグレードは以下の通り。

  • ATSセダン ラグジュアリー:479万円
  • CTS-VセダンSpec-A:1335万円
  • CTS-VセダンSpec-B:1475万円

(webCG)

関連キーワード:
ATSクーペ, ATSセダン, CTSクーペ, CTSセダン, キャデラック, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • インフィニティQインスピレーションコンセプト 2018.1.16 画像・写真 日産自動車は2018年1月15日、米国・デトロイトで開催されている2018年北米国際自動車ショーにおいて、インフィニティブランドのコンセプトモデル「Qインスピレーションコンセプト」を世界初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • まさかの451万円から! 話題のコンパクトEV「ホンダe」のお値段の是非を問う 2020.8.28 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された、ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」。さっそく話題を集めているのが451万~495万円という価格設定だ。EVとはいえBセグメントコンパクトでこのお値段はアリや? ナシや? 欧州との価格差なども踏まえ、その正当性を検証する。
  • ボルボXC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.28 試乗記 パワーユニットの電動化を推進するボルボが、コンパクトSUV「XC40」初となるPHVを2021年モデルとして導入。1.5リッター直3ターボ+電気モーターを搭載する「リチャージプラグインハイブリッド」の出来栄えを確かめた。
  • レクサスUX200 2018.11.27 画像・写真 レクサスの最もコンパクトなクロスオーバーモデル「UX」がデビュー。そのうち新開発の2リッター直4エンジンを搭載する「UX200」の姿を、さまざまなグレードを織り交ぜながら紹介する。
  • 電気で走るチンクエチェント!? 「フィアット500クラシケev」が示した新しいクラシックカー像 2020.9.23 デイリーコラム 世界中で愛される“ヌオーバ・チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」。このクルマを電動化した「フィアット500クラシケev」には、どんな提案が込められているのか? 「日々に彩りを添える、日常を楽しむクラシック」という、新しいクラシックカー像に迫る。
ホームへ戻る