GM、「キャデラックATS」など一部モデルの価格と装備を変更

2017.01.05 自動車ニュース
「キャデラックATSセダン ラグジュアリー」
「キャデラックATSセダン ラグジュアリー」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、「キャデラックATSセダン/クーペ」と「キャデラックATS-V/CTS-V」の装備を変更するとともに、一部グレードの価格を、2017年1月6日に改定すると発表した。

「CTS-VセダンSpec-A」
「CTS-VセダンSpec-A」拡大

今回、ATSセダン/クーペとATS-V/CTS-Vの全モデルで、これまでのApple CarPlayに加えて、新たにAndroid Autoにも対応。スマートフォンとの連携機能が強化された。

また、ATSセダン/クーペでは、インパネのデザイン変更により質感の向上が図られたほか、ATSセダンには新たに「ライトニュートラル/ジェットブラックアクセント」のインテリアカラーが導入された。さらに「ATSセダン ラグジュアリー」では、新デザインの17インチアルミホイールを採用。CUEナビゲーションシステムをオプションとすることで価格を400万円台に抑え、価格競争力が高められた。

CTS-Vには新たにリアカメラミラーが採用された。

価格の改定があったグレードは以下の通り。

  • ATSセダン ラグジュアリー:479万円
  • CTS-VセダンSpec-A:1335万円
  • CTS-VセダンSpec-B:1475万円

(webCG)

関連キーワード:
ATSクーペ, ATSセダン, CTSクーペ, CTSセダン, キャデラック, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.14 試乗記 “クラス最強”をうたう、最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積んだハイパフォーマンス4ドアクーペ「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」に試乗。高速道路とワインディングロードでその走りを味わった筆者は、深く感銘を受けたのだった。
  • トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表 最高出力が従来モデルから14%アップ 2020.2.14 自動車ニュース トヨタが「GRスープラ」の2021年モデルを発表。エキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用などにより、最高出力を382hpに、最大トルクを368lb.ft.に向上させた。これにより、0-60mph加速が3.9秒という加速性能を実現している。
  • メルセデス・ベンツA250 4MATICセダン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.31 試乗記 メルセデス・ベンツのエントリーモデル「Aクラス」に、オーセンティックないでたちの「セダン」が登場。FFベースならではの高効率なパッケージを持つニューモデルは、FRセダン「Cクラス」に迫る実力の持ち主だった。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • デュアルクラッチはもうイヤだ!
    編集部員のマイカー探しに見る“いいクルマ”の普遍の条件
    2019.4.22 デイリーコラム webCG編集部の折戸青年がマイカーを買い替え! 3代目「ボルボV70」の中から、わざわざ自分でタマを探してまで「T5 SE」を購入した理由とは? 購入談の裏にある非カーマニア系オーナーのこだわりを通して、“いいクルマ”の普遍の条件について考えた。
ホームへ戻る