第14回:高級車の世界にようこそ
輸入車チョイ乗りリポート~500万円から1000万円編~

2015.03.19 JAIA輸入車試乗会2015

フォルクスワーゲンやボルボの上級モデルに、キャデラック、アルピナと、輸入車の中でも車体価格が3ケタ万円の後半に突入すると、「高級車」といって差し支えないモデルが顔を出し始める。そんな中から、webCG編集部が注目した5台を一挙紹介する。

見た目よりマジメ
キャデラックATSクーペ プレミアム……509万円

アメリカっていう国は、本当に面白いなと思った。
グーグルもアップルもマイクロソフトもあって、さらにこのキャデラックまであるのだから、幅広いし奥深いし多様だ。
その多様さ故なのか、一昔前なら「アメリカン」という言葉はとてもわかりやすかったけれど、今ではファミレスのメニューくらいでしか見かけない、ほとんど死語といっていい言葉になってしまった。

近年シリコンバレー周辺で流行している、シンプルで平面的な「フラットデザイン」からは遠く離れた、独特の印象を放つ「ATSクーペ」だが、ゼネラルモーターズ・ジャパンの広報さんから、このクルマはITベンチャーの社長さんにも売れているらしいと聞いて、ちょっとびっくりした。ITバブル以降の若いベンチャー社長は堅実派だから、ドイツ製のアレとか、あるいは国産のソレとかに乗るのかと思っていたので意外だ。

けれども、一見すると派手でチャラっとしたイメージのATSクーペだが、乗ってみると実にマジメなクルマなのだった。カッシリとしたステアリングフィールに、いかにも精密さを感じさせるエンジン。竹下 登の孫でミュージシャンのDAIGOは、外見はビジュアル系だが、人柄はマジメで礼儀正しいらしい。ATSクーペもまさしくそういったクルマだ。

パッと見はほかにない斬新さで、それでいて中身は機能がびっしりと詰まっている。そんな新しいカタチの「アメリカン」が、新しい価値観を作り出そうとしている人たちに好まれているというのは、乗ってみるとなるほどうなずける。

(文=工藤考浩/写真=田村 弥)

キャデラックATSクーペ プレミアム
キャデラックATSクーペ プレミアム 拡大
 
第14回:高級車の世界にようこそ輸入車チョイ乗りリポート~500万円から1000万円編~の画像 拡大
 
第14回:高級車の世界にようこそ輸入車チョイ乗りリポート~500万円から1000万円編~の画像 拡大
 
第14回:高級車の世界にようこそ輸入車チョイ乗りリポート~500万円から1000万円編~の画像 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
ホームへ戻る