「フォルクスワーゲン・ポロ」に、ナビを標準装備した2台の特別限定車

2017.01.25 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ポロ アクティブ」。ボディーカラーはブルーシルクメタリック。
「フォルクスワーゲン・ポロ アクティブ」。ボディーカラーはブルーシルクメタリック。拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月24日、小型ハッチバック「ポロ」に、特別仕様車「ポロ アクティブ」と「ポロ オリジナル」を設定し、前者が800台、後者が500台の台数限定で販売を開始した。

「フォルクスワーゲン・ポロ オリジナル」。ボディーカラーはハニーオレンジメタリック。
「フォルクスワーゲン・ポロ オリジナル」。ボディーカラーはハニーオレンジメタリック。拡大
「ポロ オリジナル」のモチーフとなった初代「ポロ」。
「ポロ オリジナル」のモチーフとなった初代「ポロ」。拡大

ポロ アクティブは、「TSIコンフォートライン」をベースに、純正ナビゲーションシステムの716SDCWを標準装備としたモデル。価格はベースモデルから9万6000円高の236万5000円に抑えた。ボディーカラーはブルーシルクメタリック(限定300台)、ピュアホワイト(同300台)、フラッシュレッド(同200台)の全3色が設定される。

一方のポロ オリジナルは、「TSIハイライン」をベースに、ポロの生産40周年を記念して設定されたモデル。ポロ アクティブと同様に純正ナビゲーションシステムの716SDCWを標準装備したほか、初代ポロをイメージさせるオレンジのメタリックカラー(ハニーオレンジメタリック)に、チェック柄のファブリックとレザレット(合成皮革)のコンビシートを採用するなど、内外装をファッショナブルに彩り、当時の雰囲気が再現されている。ボディーカラーはハニーオレンジメタリック(限定300台)のほかに、チタニウムベージュメタリック(同200台)も用意される。こちらもお得な価格設定がアピールされており、ベースモデルから7万円高の265万9000円で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
ホームへ戻る