ディーゼルの「ボルボV40」にスポーティーな限定車

2017.01.25 自動車ニュース
「ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション」
「ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション」拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2017年1月25日、特別仕様車「V40 D4 R-DESIGNポールスターエディション」を発表。同日、150台限定で発売した。

本革とパーフォレーテッドレザーで仕立てられた、「V40 D4 R-DESIGNポールスターエディション」のインテリア。
本革とパーフォレーテッドレザーで仕立てられた、「V40 D4 R-DESIGNポールスターエディション」のインテリア。拡大
デュアルマフラーの先端には、「polestar」のロゴが添えられる。
デュアルマフラーの先端には、「polestar」のロゴが添えられる。拡大
 
ディーゼルの「ボルボV40」にスポーティーな限定車の画像拡大

今回のV40 D4 R-DESIGNポールスターエディションは、2リッター直4ディーゼルエンジン搭載の「V40 D4」がベースの限定車。スタイリングや足まわりを、ボルボのスポーティーグレードである「R-DESIGN」仕様とした上で、走行性能を高める2つのオプションが装着されている。

ひとつは、ロムチューンによりエンジンの最高出力を190psから200psに、最大トルクを40.8kgmから44.9kgmへと増大させる「ポールスター・パフォーマンス・キット」。もうひとつはステンレス製エキゾーストシステムとリアディフューザー、スポーツエアフィルターからなる「ポールスター・パフォーマンス・エキゾーストセット」で、これらによりパワフルな走りとスポーティーなサウンドが楽しめるという。

トランスミッションは8段ATで、駆動方式はFF。右ハンドル仕様のみが用意される。

価格は449万円。

(webCG)

関連キーワード:
V40, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • 第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめる 2015.8.10 徹底検証! ボルボのディーゼル すぐれた燃費性能がうたわれる、ボルボのクリーンディーゼル搭載車。では、実際に満タン・無給油で、どれだけの距離を走れるのか? “ミスター・テスター”笹目二朗が、「V40 D4 SE」でテストした。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る