日産、「デイズ」を一部改良

2017.01.26 自動車ニュース
「日産デイズ」
「日産デイズ」拡大

日産自動車は2017年1月26日、軽乗用車「デイズ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

カップホルダーは、細い缶にも対応したものが採用された。
カップホルダーは、細い缶にも対応したものが採用された。拡大
「デイズ ボレロ」
「デイズ ボレロ」拡大
「デイズ ライダー」
「デイズ ライダー」拡大

今回の改良では、ボディーカラーに「プレミアムサンシャインオレンジ」と「ブロッサムピンク」が新たに設定されたほか、機能面の強化が行われた。

ターボエンジンを搭載する「ハイウェイスターG ターボ」グレードに、クルーズコントロールが標準装備された。また、ステアリングスイッチやGPSアンテナなどがセットになった日産オリジナルナビ取り付けパッケージが全グレードに標準化されたほか、カップホルダーが細い缶にも対応したものに変更された。

価格は114万0480円~161万6760円。

併せて、オーテックジャパンが手がけるデイズのカスタマイズモデル「デイズ ボレロ」と「デイズ ライダー」にも同様の改良を実施し、販売を開始した。

価格はボレロが124万8480円~151万8480円、ライダーが155万8440円~175万7160円。

(webCG)

 

関連キーワード:
デイズ, 日産, 自動車ニュース

日産 デイズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.9 試乗記 フルモデルチェンジで「デイズ ルークス」から名前が変わった、日産の新型軽「ルークス」。200万円級のプライスタグを付けるそのトップグレードは、家庭のさまざまなニーズに応えてくれるであろう、驚くべき実用車だった。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(前編)【試乗記】 2020.7.14 試乗記 かたや、小型車の常識を変えるという「トヨタ・ヤリス」。こなた、心地よさを強くアピールする「ホンダ・フィット」。今回は、今が旬のコンパクトなハイブリッドカー2台を乗り比べ、それぞれの持ち味を浮き彫りにした。まずは先攻、新型ヤリスについてリポートする。
  • 日産ルークス・ハイウェイスターターボ(FF/CVT)【試乗記】 2010.1.29 試乗記 日産ルークス・ハイウェイスターターボ(FF/CVT)
    ……184万8990円

    「ル〜〜ムが、マックス!」のCMが印象的な、日産の軽乗用車「ルークス」。オリジナルモデル「スズキ・パレット」との違いを、スポーティグレードで探った。
  • 第183回:ドイツ車はアタリが付く 2020.7.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第183回は「ドイツ車はアタリが付く」。「アウディA6」のエントリーモデル「40 TDIクワトロ」に試乗。“感動的”と称賛した「55 TFSIクワトロ」との比較を交えながら、ドイツ車ならではの味わいを再確認する。
ホームへ戻る