日産、「デイズ」を一部改良

2017.01.26 自動車ニュース
「日産デイズ」
「日産デイズ」拡大

日産自動車は2017年1月26日、軽乗用車「デイズ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

カップホルダーは、細い缶にも対応したものが採用された。
カップホルダーは、細い缶にも対応したものが採用された。拡大
「デイズ ボレロ」
「デイズ ボレロ」拡大
「デイズ ライダー」
「デイズ ライダー」拡大

今回の改良では、ボディーカラーに「プレミアムサンシャインオレンジ」と「ブロッサムピンク」が新たに設定されたほか、機能面の強化が行われた。

ターボエンジンを搭載する「ハイウェイスターG ターボ」グレードに、クルーズコントロールが標準装備された。また、ステアリングスイッチやGPSアンテナなどがセットになった日産オリジナルナビ取り付けパッケージが全グレードに標準化されたほか、カップホルダーが細い缶にも対応したものに変更された。

価格は114万0480円~161万6760円。

併せて、オーテックジャパンが手がけるデイズのカスタマイズモデル「デイズ ボレロ」と「デイズ ライダー」にも同様の改良を実施し、販売を開始した。

価格はボレロが124万8480円~151万8480円、ライダーが155万8440円~175万7160円。

(webCG)

 

関連キーワード:
デイズ, 日産, 自動車ニュース

日産 デイズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 開発の決め手は“カバー”にあり!?
    「日産デイズ」の意外なこだわり
    2019.5.17 デイリーコラム 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。その専用仕立てのステアリングホイールは、自動車メーカーとして否定すべき“あのアイテム”を意識して作られたものだった!
  • メルセデス・ベンツA200d(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.18 試乗記 スタイリッシュなデザインや、AI技術を使ったインフォテインメントシステムで話題の4代目「メルセデス・ベンツAクラス」。最新のディーゼルモデルを走らせてみると、既存のガソリンターボ車とは異なる“オトナ”なドライブフィールが伝わってきた。
ホームへ戻る