「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ

2017.02.01 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシア インテンス」
「ルノー・ルーテシア インテンス」拡大

ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。

「ルーテシア ゼン」
「ルーテシア ゼン」拡大
「インテンス」の室内。インテリアカラーで「ルージュ」を選択すると、シートカラーも「ルージュ」となる。
「インテンス」の室内。インテリアカラーで「ルージュ」を選択すると、シートカラーも「ルージュ」となる。拡大
「インテンス」と「ゼン」では、ヘッドランプにフルLEDを採用する。
「インテンス」と「ゼン」では、ヘッドランプにフルLEDを採用する。拡大

今回のマイナーチェンジは、内外装のブラッシュアップが中心で、1.2リッターターボエンジンや、デュアルクラッチ式の6段AT「EDC」など、パワートレインに変更はない。アクティフは同じパワートレインを搭載しながら装備が簡素化された、新たなエントリーグレードとなる。また、「GT」については、従来型が継続して販売され、従来型に設定されていたゼンの0.9リッターターボモデルについてはカタログ落ちとなっている。

エクステリアでは、フロントマスクの意匠を変更。ヘッドランプにフルLEDを採用(インテンス/ゼンのみ)し、常時点灯するCシェイプランプ(スモールランプ兼用)を新たに装備した。このヘッドランプには、開施錠時にCシェイプランプが点灯して車の場所を知らせたり、周囲を照らしたりする機能(ウエルカムランプ、グッドバイランプ)や、暗がりで車から離れる際に一定時間タイマー点灯させる機能(シーミーホーム)が備わる。また、フロントバンパーの形状も一新され、よりワイド感を強調したデザインとされた。さらに、リアにもLEDランプ(インテンス/ゼンのみ)が採用されたほか、ホイールも新たにデザインされたものとなっている。ボディーカラーは、インテンスはルージュドゥフランスメタリックなど全5色、ゼンは全4色、アクティフには全3色が用意される。

インテリアの改良点は、インテンスではボディーカラーに合わせた3色のダッシュボードトリムカラーと、2色のシートカラーの組み合わせが設定された。また、ゼンとアクティフには、新たにR&Goアプリ対応ラジオを採用。専用アプリをインストールしたスマートフォンをこのラジオと接続することで、ラジオ、Bluetooth接続、ハンズフリー通話などをスマートフォンで操作できる。

価格は以下の通り。

  • ルーテシア インテンス:229万円
  • ルーテシア ゼン:217万円
  • ルーテシア アクティフ:199万円

(webCG)

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新しくなったルノー・トゥインゴを知る、試す 2019.8.22 ボンジュール ルノー・トゥインゴ!<PR> “パリが仕立てたコンパクト”こと「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ。人気を博した従来モデルからどのような進化を遂げたのか? 普段使いで想定されるさまざまシーンを試し、新しくなったフレンチコンパクトの出来栄えを確かめた。
  • 第145回:欲望の縮小限定化 2019.10.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第145回は「欲望の縮小限定化」。マイナーチェンジを受けた新型「ルノー・トゥインゴ」にプチ試乗。新旧乗り比べた印象は? 「足グルマなら断然小型車!」を主張する筆者が、トゥインゴの走りをジャッジする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • 上陸は2019年内 新型SUV「フォルクスワーゲンTクロス」の事前情報が公開に 2019.10.7 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年10月7日、年内に国内発表を予定している新型の小型SUV「T-Cross(Tクロス)」のティザーサイトを開設した。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン パッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.20 試乗記 最高出力110PSの1.2リッター直3ターボエンジンを搭載する「シトロエンC3エアクロスSUV」に試乗。今どきのシトロエンらしさ全開の個性的なルックスに加え、実用性と快適性を重視した設計が特徴という、新型SUVの出来栄えは?
ホームへ戻る