「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ

2017.02.01 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシア インテンス」
「ルノー・ルーテシア インテンス」拡大

ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。

「ルーテシア ゼン」
「ルーテシア ゼン」拡大
「インテンス」の室内。インテリアカラーで「ルージュ」を選択すると、シートカラーも「ルージュ」となる。
「インテンス」の室内。インテリアカラーで「ルージュ」を選択すると、シートカラーも「ルージュ」となる。拡大
「インテンス」と「ゼン」では、ヘッドランプにフルLEDを採用する。
「インテンス」と「ゼン」では、ヘッドランプにフルLEDを採用する。拡大

今回のマイナーチェンジは、内外装のブラッシュアップが中心で、1.2リッターターボエンジンや、デュアルクラッチ式の6段AT「EDC」など、パワートレインに変更はない。アクティフは同じパワートレインを搭載しながら装備が簡素化された、新たなエントリーグレードとなる。また、「GT」については、従来型が継続して販売され、従来型に設定されていたゼンの0.9リッターターボモデルについてはカタログ落ちとなっている。

エクステリアでは、フロントマスクの意匠を変更。ヘッドランプにフルLEDを採用(インテンス/ゼンのみ)し、常時点灯するCシェイプランプ(スモールランプ兼用)を新たに装備した。このヘッドランプには、開施錠時にCシェイプランプが点灯して車の場所を知らせたり、周囲を照らしたりする機能(ウエルカムランプ、グッドバイランプ)や、暗がりで車から離れる際に一定時間タイマー点灯させる機能(シーミーホーム)が備わる。また、フロントバンパーの形状も一新され、よりワイド感を強調したデザインとされた。さらに、リアにもLEDランプ(インテンス/ゼンのみ)が採用されたほか、ホイールも新たにデザインされたものとなっている。ボディーカラーは、インテンスはルージュドゥフランスメタリックなど全5色、ゼンは全4色、アクティフには全3色が用意される。

インテリアの改良点は、インテンスではボディーカラーに合わせた3色のダッシュボードトリムカラーと、2色のシートカラーの組み合わせが設定された。また、ゼンとアクティフには、新たにR&Goアプリ対応ラジオを採用。専用アプリをインストールしたスマートフォンをこのラジオと接続することで、ラジオ、Bluetooth接続、ハンズフリー通話などをスマートフォンで操作できる。

価格は以下の通り。

  • ルーテシア インテンス:229万円
  • ルーテシア ゼン:217万円
  • ルーテシア アクティフ:199万円

(webCG)

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • 第208回:ルノーはフツーだ! 2021.6.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。3カ月前に購入した“俺のナロー”こと愛車「トゥインゴ」は、RR車らしい走りが味わえると思いきや、実はこれが意外とフツー。しかしそのフツーっぽさが、フランス車の中にあってのルノーの持ち味なのだと有識者は言うのだった。
  • 「メガーヌ アルピーヌ」が誕生!? ルノーの新戦略で人気の高性能モデルはどうなる? 2021.6.11 デイリーコラム これまでルノースポールが担ってきた事業を、同じグループ・ルノーのアルピーヌが受け継ぐことに。その変化は、これまで「R.S.」の名で親しまれてきた高性能モデルにどんな影響をおよぼすのか? 事情通がリポートする。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る