「ボルボV40」に299万円の新たなエントリーモデル登場

2017.02.02 自動車ニュース
「ボルボV40 T2キネティック」
「ボルボV40 T2キネティック」拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「V40」のモデルラインナップに「T2キネティック」を追加設定し、販売を開始した。

「V40 T2キネティック」のインテリア。日本市場向けは右ハンドルとなる。
「V40 T2キネティック」のインテリア。日本市場向けは右ハンドルとなる。拡大

今回のT2キネティックは、299万円という低価格を特徴とし、新たなエントリーグレードとして導入されたモデル。Drive-E 1.5リッター直4ターボエンジン(最高出力122ps/最大トルク22.4kgm)に6段ATが組み合わされ、駆動方式はFFとなる。

エントリーグレードながら安全装備については簡略化されておらず、V40の他のグレードと同様に、歩行者エアバッグや、歩行者・サイクリスト検知機能付き衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム、全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)など、11種類以上の先進安全・運転支援技術を統合した「インテリセーフ」を標準装備する。

(webCG)

関連キーワード:
V40, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • 「ボルボV40」の最後を飾る「ファイナルエディション」が登場 2019.4.11 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2019年4月11日、コンパクトモデル「V40」の特別限定車「T5 R-Designファイナルエディション」を50台限定で販売開始した。「V40 T5 R-Design」をベースとし、「パノラマガラスルーフ」「リアシートヒーター」を特別装備している。
ホームへ戻る