「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車

2017.02.07 自動車ニュース
「シボレー・コルベット グランスポーツ コレクターエディション」
「シボレー・コルベット グランスポーツ コレクターエディション」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年2月7日、「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ コレクターエディション」を設定し、発売した。

 
「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車の画像拡大
 
「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車の画像拡大

今回の特別仕様車は、シャシー性能を高めたスポーツグレードである「グランスポーツ」をベースに、内外装に専用のコーディネートを施したものである。販売台数は世界限定1000台で、日本へは5台が導入される。

ボディーカラーは「ワトキンスグレングレーメタリック」で、フロントまわりには鮮やかな「テンションブルー」のフェンダーハッシュマークを、エンジンフードからリアハッチにかけてはサテンブラックのストライプを採用。ブラックのアルミホイールとブレーキキャリパーも、エクステリアの特徴となっている。

一方インテリアについては、シートやセンターコンソール、ダッシュボードなどを同車専用となるテンションブルーのレザーおよびスエード素材でラッピング。各部にブルーのアクセントステッチを施している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • カーボンフラッシュバッジパッケージ
  • テンションブルー ハッシュフェンダーマーク
  • サテンブラック フルレングスストライプ
  • ブラックカップスタイルホイール
  • ブラックキャリパー
  • テンションブルーフルレザー&スエードラップドインテリア
  • ブルーアクセントステッチ付きツートーンGTバケットシート(テンションブルー/スエーデッドマイクロファイバーインサート)
  • ブルーアクセントステッチ(シート、インストゥルメントパネル、ドア、コンソール、シフト&ブーツ、ルーフライナー)
  • シート&ステアリングホイールエンブレム(シートはヘッドレストにエンボス加工)
  • スエーデッドマイクロファイバーラップドフラットボトムステアリング
  • ブラッシュドアルミニウムインテリアハッシュマーク
  • “Collector Edition”専用シルプレート
  • シリアルナンバーバッジ

価格は1277万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
コルベット, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ジャガーFタイプRダイナミック コンバーチブルP300(FR/8AT)【試乗記】 2020.9.23 試乗記 「ジャガーFタイプ」のマイナーチェンジモデルに試乗。連れ出したのはオープントップモデル「コンバーチブル」の2リッターターボエンジン搭載車。実はこの比較的ライトなグレードこそが、ジャガーの導き出した令和の時代を走るスポーツカーの最適解だ。
ホームへ戻る