「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車

2017.02.07 自動車ニュース
「シボレー・コルベット グランスポーツ コレクターエディション」
「シボレー・コルベット グランスポーツ コレクターエディション」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年2月7日、「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ コレクターエディション」を設定し、発売した。

 
「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車の画像拡大
 
「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車の画像拡大

今回の特別仕様車は、シャシー性能を高めたスポーツグレードである「グランスポーツ」をベースに、内外装に専用のコーディネートを施したものである。販売台数は世界限定1000台で、日本へは5台が導入される。

ボディーカラーは「ワトキンスグレングレーメタリック」で、フロントまわりには鮮やかな「テンションブルー」のフェンダーハッシュマークを、エンジンフードからリアハッチにかけてはサテンブラックのストライプを採用。ブラックのアルミホイールとブレーキキャリパーも、エクステリアの特徴となっている。

一方インテリアについては、シートやセンターコンソール、ダッシュボードなどを同車専用となるテンションブルーのレザーおよびスエード素材でラッピング。各部にブルーのアクセントステッチを施している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • カーボンフラッシュバッジパッケージ
  • テンションブルー ハッシュフェンダーマーク
  • サテンブラック フルレングスストライプ
  • ブラックカップスタイルホイール
  • ブラックキャリパー
  • テンションブルーフルレザー&スエードラップドインテリア
  • ブルーアクセントステッチ付きツートーンGTバケットシート(テンションブルー/スエーデッドマイクロファイバーインサート)
  • ブルーアクセントステッチ(シート、インストゥルメントパネル、ドア、コンソール、シフト&ブーツ、ルーフライナー)
  • シート&ステアリングホイールエンブレム(シートはヘッドレストにエンボス加工)
  • スエーデッドマイクロファイバーラップドフラットボトムステアリング
  • ブラッシュドアルミニウムインテリアハッシュマーク
  • “Collector Edition”専用シルプレート
  • シリアルナンバーバッジ

価格は1277万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
コルベット, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC(4WD/7AT)/CLA200d(FF/8AT)【海外試乗記】 2019.5.10 試乗記 2013年のデビュー以来、コンパクトな4ドアモデルとして人気を集めてきたメルセデス・ベンツの「CLAクーペ」。2代目となる新型は、基幹車種「Cクラス」の存在をおびやかすほどの完成度を見せてくれた。
  • BMW Z4 M40i(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.22 試乗記 BMWのオープントップモデル「Z4」の新型がいよいよ日本に上陸した。今回テストに連れ出したのは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したトップグレード「M40i」。箱根のワインディングロードで、その出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る