三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良

2017.02.09 自動車ニュース

三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。

エンジン始動を抑える走行モードを搭載

今回は、プラグインハイブリッドシステムの強化や、先進安全装備の充実など、多岐にわたる改良が行われた。

プラグインハイブリッドシステムでは、加速時に駆動用バッテリーからの電力供給をより持続させ、発電のためのエンジン始動を遅らせることで、従来よりもEV走行を維持できるようにした。また、エンジンの始動性の改良により、これまでよりも素早くモーターに電力を供給することが可能になり、強い加速が必要な場面で、レスポンスの向上が図られている。

走行モードには「バッテリーセーブモード」「バッテリーチャージモード」に加えて、EV走行を優先させ、可能な限りエンジンの始動を抑える「EVプライオリティモード」が新たに設定された。さらに充電制御を見直すことで、約80%までの急速充電時間が約30分から25分に短縮された。

操縦安定性も高められており、ショックアブソーバーのバルブ構造の見直しと減衰力の最適化により、操縦安定性と接地性が高められた。また、リアのトーコントロールアームのブッシュを変更することで、直進安定性と操舵時の手応えが改良された。そのほか、車両運動統合制御システム「S-AWC」では、滑りやすい路面で使うLOCKモードで、前後のモーター駆動力制御とブレーキによるアクティブヨーコントロール(AYC)制御が見直され、旋回性能とコントロール性が向上したという。

予防安全技術「e-Assist」も改善され、衝突被害軽減ブレーキのセンサーを、ミリ波レーダーから、カメラとレーザーレーダーを併用したシステムに変更することで、歩行者検知機能を追加するとともに、衝突回避性能が高められた。また、車線逸脱警報システムの精度を向上させるとともに、警報のタイミングを最適化している。さらにオートマチックハイビーム機能も新たに搭載された。

機能装備の充実も図られており、電動パーキングブレーキを採用したほか、信号待ちや渋滞時にブレーキペダルを放しても停車状態を維持する「ブレーキオートホールド」機能が追加された。さらにSエディションでは、スマートフォン連携ディスプレイオーディオを標準装備。Apple CarPlayとAndroid Autoに対応する。

エクステリアについては、フロントフォグランプをLED(リフレクタータイプ)として消費電力を抑えたほか、ロービーム点灯時のヘッドライトとの色調を統一した。

スポーティーでプレミアムなSエディション

新たに追加されたSエディションについては、ビルシュタイン社製のショックアブソーバーの採用や、構造用接着剤を用いたボディー剛性の強化などにより、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現したとうたわれる。

エクステリアでは、フロントラジエーターグリル、アルミホイールをダーククローム調で統一し、BピラーとCピラーを光沢のあるブラック、前後バンパー下部のスキッドプレートをボディーカラー同色とすることで、スポーティーなプレミアム感が演出されている。インテリアでは、ステアリングホイール、メーターフードなどにレッドステッチを施し、各種パネルはシルバーのジオメトリック調で統一されている。アクセル、ブレーキペダルはアルミ製を採用する。

価格は以下の通り。

  • M:365万9472円
  • Gセーフティーパッケージ:397万3860円
  • Gナビパッケージ:432万4860円
  • Gプレミアムパッケージ:468万1260円
  • Sエディション:478万9260円

(webCG)

「アウトランダーPHEV Sエディション」
「アウトランダーPHEV Sエディション」拡大

関連キーワード:
アウトランダーPHEV三菱 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/アウトランダーPHEV Gプラスパッケージ【試乗記】 2018.7.23 試乗記 「三菱アウトランダーPHEV」がビッグマイナーチェンジを受けた。そのハイライトは、主要構成部品の9割に手を入れたというプラグインハイブリッドシステムの刷新だ。デビューから5年間の集大成ともいうべき、三菱自慢のシステムの出来栄えを試した。
  • レクサスUX200プロトタイプ/UX250hプロトタイプ【海外試乗記】 2018.9.17 試乗記 世界的な激戦区となっているCセグメント級SUVのカテゴリーに「レクサスUX」が登場。新開発のパワーユニットが話題だが、ガソリンモデルも魅力的な仕上がりに。細やかな心配りが随所に見られるニューモデルは、レクサスらしい穏やかな気配をまとっていた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
ホームへ戻る