三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良

2017.02.09 自動車ニュース

三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。

エンジン始動を抑える走行モードを搭載

今回は、プラグインハイブリッドシステムの強化や、先進安全装備の充実など、多岐にわたる改良が行われた。

プラグインハイブリッドシステムでは、加速時に駆動用バッテリーからの電力供給をより持続させ、発電のためのエンジン始動を遅らせることで、従来よりもEV走行を維持できるようにした。また、エンジンの始動性の改良により、これまでよりも素早くモーターに電力を供給することが可能になり、強い加速が必要な場面で、レスポンスの向上が図られている。

走行モードには「バッテリーセーブモード」「バッテリーチャージモード」に加えて、EV走行を優先させ、可能な限りエンジンの始動を抑える「EVプライオリティモード」が新たに設定された。さらに充電制御を見直すことで、約80%までの急速充電時間が約30分から25分に短縮された。

操縦安定性も高められており、ショックアブソーバーのバルブ構造の見直しと減衰力の最適化により、操縦安定性と接地性が高められた。また、リアのトーコントロールアームのブッシュを変更することで、直進安定性と操舵時の手応えが改良された。そのほか、車両運動統合制御システム「S-AWC」では、滑りやすい路面で使うLOCKモードで、前後のモーター駆動力制御とブレーキによるアクティブヨーコントロール(AYC)制御が見直され、旋回性能とコントロール性が向上したという。

予防安全技術「e-Assist」も改善され、衝突被害軽減ブレーキのセンサーを、ミリ波レーダーから、カメラとレーザーレーダーを併用したシステムに変更することで、歩行者検知機能を追加するとともに、衝突回避性能が高められた。また、車線逸脱警報システムの精度を向上させるとともに、警報のタイミングを最適化している。さらにオートマチックハイビーム機能も新たに搭載された。

機能装備の充実も図られており、電動パーキングブレーキを採用したほか、信号待ちや渋滞時にブレーキペダルを放しても停車状態を維持する「ブレーキオートホールド」機能が追加された。さらにSエディションでは、スマートフォン連携ディスプレイオーディオを標準装備。Apple CarPlayとAndroid Autoに対応する。

エクステリアについては、フロントフォグランプをLED(リフレクタータイプ)として消費電力を抑えたほか、ロービーム点灯時のヘッドライトとの色調を統一した。

スポーティーでプレミアムなSエディション

新たに追加されたSエディションについては、ビルシュタイン社製のショックアブソーバーの採用や、構造用接着剤を用いたボディー剛性の強化などにより、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現したとうたわれる。

エクステリアでは、フロントラジエーターグリル、アルミホイールをダーククローム調で統一し、BピラーとCピラーを光沢のあるブラック、前後バンパー下部のスキッドプレートをボディーカラー同色とすることで、スポーティーなプレミアム感が演出されている。インテリアでは、ステアリングホイール、メーターフードなどにレッドステッチを施し、各種パネルはシルバーのジオメトリック調で統一されている。アクセル、ブレーキペダルはアルミ製を採用する。

価格は以下の通り。

  • M:365万9472円
  • Gセーフティーパッケージ:397万3860円
  • Gナビパッケージ:432万4860円
  • Gプレミアムパッケージ:468万1260円
  • Sエディション:478万9260円

(webCG)

「アウトランダーPHEV Sエディション」
「アウトランダーPHEV Sエディション」拡大

関連キーワード:
アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース

三菱 アウトランダーPHEV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/Gプレミアムパッケージ【試乗記】 2018.9.15 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。既にデビューから6年目となる同車だが、走りの面での古さは皆無。三菱が手塩にかけて育てたことで、今やプレミアム感すら漂わせるクルマへとステップアップしていた。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.15 試乗記 SUVに流麗なクーペスタイルを組み合わせたクロスオーバーSUVの先駆け「BMW X6」がフルモデルチェンジ。最高出力265PSの3リッター直6ディーゼルターボを搭載する「xDrive35d Mスポーツ」に試乗し、多くのフォロワーを生み出した人気の秘密を探った。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
ホームへ戻る