【ジュネーブショー2017】三菱の新型コンパクトSUV、車名は「エクリプス クロス」に決定

2017.02.14 自動車ニュース
「三菱エクリプス クロス」のイメージ画像。
「三菱エクリプス クロス」のイメージ画像。拡大

三菱自動車は2017年2月14日、第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で世界初公開する新型コンパクトSUVの車名が、「エクリプス クロス」であると発表した。

 
【ジュネーブショー2017】三菱の新型コンパクトSUV、車名は「エクリプス クロス」に決定の画像拡大
初代「三菱エクリプス」
初代「三菱エクリプス」拡大

新型コンパクトSUVがクーペタイプであることから、1989年より米国で販売されたスペシャリティークーペ「エクリプス」と、クロスオーバーの略であるクロスを組み合わせてエクリプス クロスと命名したという。

エクリプスとは、英語で天文現象である日食の意味で、プレスリリースによれば、スタイリッシュなクーペと、機動力が高いSUVを融合させた躍動感のある美しいフォルムは、皆既日食の直前、あるいは直後に観測されるダイヤモンドリングと同様、人々の心を刺激して高揚させる。また、ボディーカラーに用いられる新開発の高彩度レッドは、皆既日食の際に観測されるプロミネンスと同様、鮮明な印象を与える。とアピールされる。

(webCG)

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 自動車ニュース

三菱 エクリプス クロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • 三菱エクリプス クロス ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.30 試乗記 クリーンディーゼルを搭載する、手ごろなサイズのSUV――「三菱エクリプス クロス」のディーゼルモデルは、日本国内ではなかなかレアな存在だ。では、その乗り味はどうか? 市街地から高速道路、ワインディングロードまで試乗して確かめた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.5.10 試乗記 三菱の新型クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に試乗。クーペスタイルの見た目から“オシャレ系SUV”と判断しがちだけれど、だまされてはいけない! 「ランエボ」由来の4WDシステムや高いボディー剛性を備えた、実に真面目なクルマに仕上がっているのだ。
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • 三菱が「エクリプス クロス」を一部改良 フロントドアにイルミネーションを追加 2019.12.25 自動車ニュース 三菱がクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」を一部改良。フロントドアのインナードアハンドルとドアグリップ、ボトルホルダーにLEDのイルミネーションを採用したほか、特別仕様車ブラックエディションでは、インテリアをブラックで統一した。
ホームへ戻る