プレミオ/アリオンに装備充実の特別仕様車

2011.10.06 自動車ニュース

「トヨタ・プレミオ/アリオン」に装備充実の特別仕様車

トヨタ自動車は、セダン「プレミオ」「アリオン」に特別仕様車を設定し、2011年10月3日に発売した。

今回発売された「プレミオ」の特別仕様車は、以下の2モデル。(カッコ内はベースグレードとその差額)

・1.5F“Lパッケージ プライムグリーンセレクション”(1.5F):187万5000円(+17万5000円)※FF車のみ
・1.8X“Lパッケージ プライムグリーンセレクション”(1.8X):FF車は206万5000円(+18万円)、4WD車は225万4000円(+18万円)

いずれもLパッケージの装備に加え、ディスチャージヘッドランプやメッキサイドプロテクションモール、本革巻き+木目調ステアリングホイールなどが与えられる。

「プレミオ」の兄弟車である「アリオン」の特別仕様車は以下の2モデル。

・A15“Gパッケージ リミテッド”(A15):187万円(+18万円)※FF車のみ
・A18“Gパッケージ リミテッド パワーシートエディション”(A18):FF車は212万円(+24万5000円)、4WD車は230万9000円(+24万5000円)

こちらはGパッケージの装備と、プロジェクター式ディスチャージヘッドランプ、メッキドアベルトモールディング、グリップ式メッキアウトサイドドアハンドル、本革巻き+木目調ステアリングホイールなどを標準装備。リアドアとバックウィンドウにはUVカット機能付きのプライバシーガラスが採用される。
さらに、後者の「A18“Gパッケージ リミテッド パワーシートエディション”」には8ウェイパワーシート(運転席)と上級ファブリックシート表皮も与えられる。

(webCG 関)

「トヨタ・プレミオ1.5F“Lパッケージ プライムグリーンセレクション”」
「トヨタ・プレミオ1.5F“Lパッケージ プライムグリーンセレクション”」 拡大
「トヨタ・アリオンA18“Gパッケージ リミテッド パワーシートエディション”」
「トヨタ・アリオンA18“Gパッケージ リミテッド パワーシートエディション”」 拡大

関連キーワード:
アリオン, プレミオ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アリオン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • 「トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング」の特別仕様車「G-X“プラス”」発売 2020.5.13 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年5月13日、セダン「カローラ」およびステーションワゴン「カローラ ツーリング」に特別仕様車「G-X“プラス”/ハイブリッドG-X“プラス”」を設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る