【ジュネーブショー2017】ランボルギーニ、「ウラカン ペルフォルマンテ」を発表

2017.03.07 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」
「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」拡大

伊ランボルギーニは、第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、「ウラカン」の高性能版「ウラカン ペルフォルマンテ」を発表する。

 
【ジュネーブショー2017】ランボルギーニ、「ウラカン ペルフォルマンテ」を発表の画像拡大

ウラカン ペルフォルマンテは、新開発のエアロダイナミクスシステムと最新の軽量化技術の採用、さらにパワートレインの強化などにより、パフォーマンスの向上を図ったモデル。「サーキットでのスポーティーな走りと公道での魅力的かつダイナミックな走りをバランスよく兼ね備えた」モデルとうたわれる。2016年10月には、ドイツのニュルブルクリンク北コースで、量産車としては最速となる6分52秒01を記録した。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4506×1924×1165mmで、ホイールベースは2620mm。5.2リッターV10自然吸気エンジンにはデュアルクラッチの7段ATが組み合わされ、駆動方式は4WDとなる。5.2リッターV10ユニットのスペックは「ウラカン クーペ」より30psと4.1kgm強力な最高出力640ps、最大トルク61.2kgm。0-100km/h加速は2.9秒、最高速度は325km/h以上を実現している。

専用に開発されたエアロダイナミクスシステム「エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ(ALA)」の搭載は大きなトピックスのひとつ。フロントスポイラーやリアボンネット、リアウイングの角度などを走行状況に応じて変化させることで、常に最適な空力特性を得て、車両の動的安定性を向上させることができる。

軽量化についても徹底され、ボディーにはアルミニウムと、レジンの母材に炭素を埋め込んだ「フォージドコンポジット」を広範囲に使用。剛性を落とすことなく従来のカーボンファイバー・コンポジット素材では困難とされた軽量構造の維持と複雑な幾何学形状の実現を両立させた。このフォージドコンポジットをボディー以外にも前後スポイラー、ボンネット、リアバンパー、ディフューザーなどにも使用し、車体の総重量を40kg削減することに成功したという。

さらにサスペンションシステムにも改良が施され、ウラカン クーペに比べて垂直剛性が10%、ロール剛性が15%強化された。

欧州市場では2017年夏以降の納車が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
ウラカン, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.9.28 試乗記 ランボルギーニの旗艦車種「アヴェンタドール」に、さらなる高性能モデル「SVJ」が登場。よりパワフルな6.5リッターV12エンジンを搭載し、先進の可変空力デバイス「ALA」を備えたアヴェンタドールの最終進化形を、クローズドコースで試した。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
  • カワサキZ H2(MR/6MT)【レビュー】 2020.5.21 試乗記 240kgの車体に最高出力200PSのスーパーチャージドエンジンを抱く「カワサキZ H2」。クルマでいうなら1000PS級のネイキッドバイクは、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか?
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
ホームへ戻る