高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売

2011.10.04 自動車ニュース

高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売

ルノー・ジャポンは2011年10月4日、スポーティクーペ「ルノー・メガーヌ ルノースポール モナコGP」を30台限定で発売した。

「ルノー・メガーヌ ルノースポール モナコGP」は、2011年2月に日本で発売されたハイパフォーマンスモデル「ルノー・メガーヌ ルノースポール」の、いわば“高級スポーツ仕様”だ。

ルノーが「シャシーカップ」と呼んでいる、スポーツ走行を前提に路面追従性を追求した車体をもつ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」と異なり、こちらは日常の使い勝手とスポーツ性の両立を図ったという「シャシースポール」を採用。ややマイルドな乗り心地を特徴とする。
足まわりはよりソフトなセッティングとされ、スリット無しのディスクローターや細身のタイヤ(235/40ZR18→225/40ZR18)が与えられる。LSDも装備されないが、ドライバーズシートにはシートヒーターと電動調節機構が与えられ、専用チューニングのBOSEサウンドシステムも標準となるなど、ややぜいたくな仕様となっている。

インテリアもまた、ホワイトのタコメーターやセンターコンソールトリム、シルバーのシートベルト、モナコGPバッジなど「ルノー・メガーヌ ルノースポール」と異なるアイテムで飾られるものの、250ps、34.7kgmを発生する2リッター直4ターボエンジンや6段MTなど、その他の機関部分は変わらない。

価格は、「ルノー・メガーヌ ルノースポール」より13万円高の398万円。トランスミッションはMTのみで、ハンドル位置は左のみ。30台の限定で販売される。

(webCG 関)

「ルノー・メガーヌ ルノースポール モナコGP」。傍らに立つのは(写真右から)、日本GPを前に来日したF1ドライバーのブルーノ・セナとビタリー・ペトロフ、そしてルノー・ジャポンの大極司COO。
「ルノー・メガーヌ ルノースポール モナコGP」。傍らに立つのは(写真右から)、日本GPを前に来日したF1ドライバーのブルーノ・セナとビタリー・ペトロフ、そしてルノー・ジャポンの大極司COO。 拡大
このクルマについては、ブルーノ・セナ(写真手前)もテスト済み。「とても安定していて、ギリギリまでプッシュできる」とのこと。
このクルマについては、ブルーノ・セナ(写真手前)もテスト済み。「とても安定していて、ギリギリまでプッシュできる」とのこと。 拡大
インテリアの様子。
インテリアの様子。 拡大
 
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売の画像 拡大
 
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売の画像 拡大
 
高級&快適志向の「ルノー・メガーヌRS」発売の画像 拡大

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • プジョー508SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.13 試乗記 スタイリッシュなプジョーのフラッグシップワゴン「508SW」にプラグインハイブリッドモデルが登場。興味津々でステアリングを握った清水草一が、既存モデルとの走りの違いや留意すべきポイントを報告する。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.16 試乗記 「パサートヴァリアント」といえばフォルクスワーゲンのモデルラインナップのなかでも、特に“質実剛健”なイメージの強いモデルだろう。今回はその最上級グレードにして「カッコよさ」を強調した「TDI Rライン」に試乗。果たしてその印象やいかに!?
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
ホームへ戻る