アウディの新型高性能モデル「RS 3セダン」登場

2017.03.28 自動車ニュース
「アウディRS 3セダン」
「アウディRS 3セダン」拡大

アウディ ジャパンは2017年3月28日、コンパクトセダンの高性能モデル「アウディRS 3セダン」を発表した。同年7月上旬に販売を開始する。

最高出力400psを発生する、「RS 3セダン」の直列5気筒ターボエンジン。
最高出力400psを発生する、「RS 3セダン」の直列5気筒ターボエンジン。拡大
レッドの差し色が目を引く「RS 3セダン」のインテリア。
レッドの差し色が目を引く「RS 3セダン」のインテリア。拡大
フロントシートは、ダイヤモンドパターンのステッチやRSロゴで飾られる。
フロントシートは、ダイヤモンドパターンのステッチやRSロゴで飾られる。拡大
シートの表皮にはファインナッパレザーが採用されている。
シートの表皮にはファインナッパレザーが採用されている。拡大
 
アウディの新型高性能モデル「RS 3セダン」登場の画像拡大

400psの5気筒エンジンを搭載

RS 3セダンは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されたハイパフォーマンスモデル。「コンパクトセグメントの中で世界最速の一台に数えられるクルマ」とうたわれる。

そのキモとなるエンジンは、新開発の2.5リッター直5直噴ターボ。最高出力400ps/5800-7000rpmと最大トルク480Nm(48.9kgm)/1700-5850rpmを発生する。トランスミッションは7段AT(Sトロニック)で、駆動方式は4WD。0-100km/hの加速タイムは、欧州仕様車で4.1秒と公表される。

エンジン単体の重量は、アルミ合金製のクランクケースを採用することで、従来型の(鋳鉄製クランクケースを採用した)2.5 TFSIよりも26kg軽量化。インテークマニフォールドと燃焼室の両方に燃料を噴射する「デュアルインジェクション」や、排気バルブの開閉タイミングを可変コントロールする「アウディバルブリフト」がもたらす、優れた燃費性能(欧州ドライビングサイクルで100km/8.3リッター=約12.0km/リッター)もセリングポイントだ。

エクステリアは、専用のシングルフレームグリルやバンパー、19インチホイール、フレア付きのフェンダーなどが特徴。トレッドも「A3セダン」比でフロントが20mm、リアが14mm拡大されている(欧州仕様車の値)。

インテリアについては、ブラックのファインナッパレザーにダイヤモンドパターンのステッチやRSロゴを配したシートを装着。メーターパネル全体が液晶表示となる「アウディバーチャルコックピット」に高機能な専用表示モードが用意されるなど、独自の仕立てとなっている。

MMIナビゲーション、バング&オルフセンのサウンドシステムといったハイエンドのインフォテインメントシステムや、Apple CarPlay とAndroid Autoを含む「アウディスマートフォンインターフェイス」なども標準装備。

アウディプレセンスやアクティブレーンアシスト、サイドアシスト、トラフィックジャムアシスト、リアクロストラフィックアシストといった先進安全装備も搭載される。

価格は785万円。

(webCG)

→「アウディRS 3セダン」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
RS 3セダン, アウディ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディA8(4WD/8AT)/A7スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.24 試乗記 くしくも(?)2台そろい踏みでの日本上陸となったアウディの「A8」と「A7スポーツバック」。日本上陸が同時なら、公道試乗会も同時開催。「技術による先進」を掲げるブランドの、“ツートップ”の出来栄えやいかに!?
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • メルセデス・ベンツCLS220dスポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.9.13 試乗記 欧州製4ドアクーペの元祖、「メルセデス・ベンツCLS」が3代目にモデルチェンジ。“新世代メルセデスデザイン”の嚆矢(こうし)として語られることの多い新型CLSだが、実車に触れてみると、ほかにも多くの特筆すべきポイントが見受けられたのだった。
ホームへ戻る