ポルシェが「パナメーラ スポーツツーリスモ」の予約受注を開始

2017.04.05 自動車ニュース

ポルシェ ジャパンは2017年4月5日、「パナメーラ スポーツツーリスモ」の予約受注を同年4月7日に開始すると発表した。

パナメーラ スポーツツーリスモは、ポルシェの4ドアモデル「パナメーラ」をベースとしたワゴンモデルであり、2017年3月のジュネーブショーで世界初公開された。

日本仕様の価格は以下の通り。

  • パナメーラ4 スポーツツーリスモ:1297万3000円
  • パナメーラ4S E-ハイブリッド スポーツツーリスモ:1521万3000円
  • パナメーラ4S スポーツツーリスモ:1704万3000円
  • パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ:2453万3000円

ハンドル位置はいずれも右で、「パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ」のみ、4月26日までの期間限定で2017年モデル左ハンドル仕様の予約を受け付けている。

(webCG)
 

「ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ」
「ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ」拡大

関連キーワード:
パナメーラ スポーツツーリスモ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.30 試乗記 ワゴンボディーをまとう「ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ」のトップパフォーマンスモデルに試乗。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高速304km/hを誇る、その走りとは? 標準ボディーとの比較も合わせてリポートする。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • ポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.18 試乗記 電動パワートレインを搭載した、“シューティングブレーク”スタイルの高性能ツアラー「ポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。ラインナップ拡充と電動化を推し進める今日のポルシェを象徴するかのような一台に、リポーターは何を感じたか?
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
ホームへ戻る