装備充実の「プジョー208」、250台限定で発売

2017.04.17 自動車ニュース

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年4月17日、「プジョー208」の特別仕様車「208アリュール シエロ プラス」を発表。同日、250台限定で販売を開始した。

今回の208アリュール シエロ プラスは、「208アリュール」がベースの限定車。シエロルーフと名付けられたガラスルーフのほか、LEDルーム&マップランプ、新デザインの16インチアロイホイール、メタリックボディーカラーが与えられる。

価格は、ベースモデルより5万円高の242万円。ボディーカラーはサテン・ホワイト、ダーク・ブルー、リオハ・レッド、オレンジ・パワーの4色から選べる。

同時に、プジョー208全車について、タッチスクリーンを日本語表示可能なものに変更。エントリーモデルの「208スタイル」(6AT車)については、装備をアップグレードし、バックソナー、レザーステアリングホイール、リア&リアサイドスーパーティンテッドガラスを標準装備とした。

なお、これらの装備追加にともなう価格の変更はない。

  • 208スタイル(5MT):199万円
  • 208スタイル(6AT):217万円
  • 208アリュール(6AT):237万円
  • 208アリュール シエロパッケージ(6AT):256万円

(webCG)

「プジョー208アリュール シエロ プラス」
「プジョー208アリュール シエロ プラス」拡大

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2019の会場から(プジョー) 2019.3.13 画像・写真 プジョーは第89回ジュネーブモーターショーに、コンパクトハッチバック「208」の新型や、そのEVバージョン「e-208」、ワゴン「508SWハイブリッド」などを出展した。同ブランドのブースを写真で紹介する。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • フォルクスワーゲン・ポロTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2019.4.23 試乗記 新型「フォルクスワーゲン・ポロ」のモデルラインナップに、1.5リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「TSI Rライン」が加わった。気筒休止機構やコースティング機構など最新のテクノロジーを手にデビューした、中間グレードの出来栄えやいかに!?
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • 【ジュネーブショー2019】プジョー、初公開2台を含む全展示車が電動化モデルに 2019.3.4 自動車ニュース 仏プジョーは、スイス・ジュネーブで開催されるジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日))において、新型「208」とプジョースポールの名を冠した「508」の新たな高性能電化スポーツコンセプトを世界初公開する。
ホームへ戻る