装備充実の「プジョー208」、250台限定で発売

2017.04.17 自動車ニュース

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年4月17日、「プジョー208」の特別仕様車「208アリュール シエロ プラス」を発表。同日、250台限定で販売を開始した。

今回の208アリュール シエロ プラスは、「208アリュール」がベースの限定車。シエロルーフと名付けられたガラスルーフのほか、LEDルーム&マップランプ、新デザインの16インチアロイホイール、メタリックボディーカラーが与えられる。

価格は、ベースモデルより5万円高の242万円。ボディーカラーはサテン・ホワイト、ダーク・ブルー、リオハ・レッド、オレンジ・パワーの4色から選べる。

同時に、プジョー208全車について、タッチスクリーンを日本語表示可能なものに変更。エントリーモデルの「208スタイル」(6AT車)については、装備をアップグレードし、バックソナー、レザーステアリングホイール、リア&リアサイドスーパーティンテッドガラスを標準装備とした。

なお、これらの装備追加にともなう価格の変更はない。

  • 208スタイル(5MT):199万円
  • 208スタイル(6AT):217万円
  • 208アリュール(6AT):237万円
  • 208アリュール シエロパッケージ(6AT):256万円

(webCG)

「プジョー208アリュール シエロ プラス」
「プジョー208アリュール シエロ プラス」拡大

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • プジョー208 GTライン(後編) 2020.10.8 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジした「プジョー208」に乗った谷口信輝は、「これなら安心してすすめられる」とつぶやいた。そんな評価の決め手となった、最新型の注目ポイントとは?
  • プジョー208 GTライン(前編) 2020.10.1 谷口信輝の新車試乗 フランス生まれのコンパクトハッチバック「プジョー208 GTライン」に谷口信輝が試乗。新世代プラットフォームを使って開発された最新型の仕上がりを、走りのプロはどう評価する?
  • 「スバル・インプレッサ」の一部改良モデル発売 3つの新グレードを設定 2020.10.8 自動車ニュース スバルは2020年10月8日、「インプレッサ」の一部改良モデルを発売した。今回は5ドアモデル「インプレッサスポーツ」に「e-BOXER」を搭載した「アドバンス」および「2.0e-L EyeSight」と、STIがチューニングした「STI Sport」を追加設定している。
ホームへ戻る