装備充実の「プジョー208」、250台限定で発売

2017.04.17 自動車ニュース

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年4月17日、「プジョー208」の特別仕様車「208アリュール シエロ プラス」を発表。同日、250台限定で販売を開始した。

今回の208アリュール シエロ プラスは、「208アリュール」がベースの限定車。シエロルーフと名付けられたガラスルーフのほか、LEDルーム&マップランプ、新デザインの16インチアロイホイール、メタリックボディーカラーが与えられる。

価格は、ベースモデルより5万円高の242万円。ボディーカラーはサテン・ホワイト、ダーク・ブルー、リオハ・レッド、オレンジ・パワーの4色から選べる。

同時に、プジョー208全車について、タッチスクリーンを日本語表示可能なものに変更。エントリーモデルの「208スタイル」(6AT車)については、装備をアップグレードし、バックソナー、レザーステアリングホイール、リア&リアサイドスーパーティンテッドガラスを標準装備とした。

なお、これらの装備追加にともなう価格の変更はない。

  • 208スタイル(5MT):199万円
  • 208スタイル(6AT):217万円
  • 208アリュール(6AT):237万円
  • 208アリュール シエロパッケージ(6AT):256万円

(webCG)

「プジョー208アリュール シエロ プラス」
「プジョー208アリュール シエロ プラス」拡大

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • 日本未導入の新型「208」などを先行展示 プジョーブランドの体感イベント開催 2019.10.18 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年10月18日、プジョーブランドの体感イベント「プジョーショー2019 -UNBORING THE FUTURE-(アンボーリング・ザ・フューチャー)」(会期:2019年10月19日~26日)の開幕に先駆けてプレスカンファレンスを開催した。
  • プジョー208GTi by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.21 試乗記 プジョーのBセグメントホットハッチ「208GTi」に、同社のモータースポーツ部門が鍛えた「by PEUGEOT SPORT」が登場。“実戦”のノウハウが投入されて、208GTiのフットワークはどう変わったか? 専用チューンの足まわりがかなえた走りをリポートする。
  • プジョー208GTi(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.28 試乗記 エンジンの出力向上や、機能・装備の強化、エクステリアデザインの変更など、多岐にわたる改良を受けた「プジョー208GTi」。「205GTi」以来の伝統を受け継ぐフランス製ホットハッチの魅力に触れるとともに、従来モデルからの進化の度合いを確かめた。
ホームへ戻る