装備充実の「プジョー208」、250台限定で発売

2017.04.17 自動車ニュース

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年4月17日、「プジョー208」の特別仕様車「208アリュール シエロ プラス」を発表。同日、250台限定で販売を開始した。

今回の208アリュール シエロ プラスは、「208アリュール」がベースの限定車。シエロルーフと名付けられたガラスルーフのほか、LEDルーム&マップランプ、新デザインの16インチアロイホイール、メタリックボディーカラーが与えられる。

価格は、ベースモデルより5万円高の242万円。ボディーカラーはサテン・ホワイト、ダーク・ブルー、リオハ・レッド、オレンジ・パワーの4色から選べる。

同時に、プジョー208全車について、タッチスクリーンを日本語表示可能なものに変更。エントリーモデルの「208スタイル」(6AT車)については、装備をアップグレードし、バックソナー、レザーステアリングホイール、リア&リアサイドスーパーティンテッドガラスを標準装備とした。

なお、これらの装備追加にともなう価格の変更はない。

  • 208スタイル(5MT):199万円
  • 208スタイル(6AT):217万円
  • 208アリュール(6AT):237万円
  • 208アリュール シエロパッケージ(6AT):256万円

(webCG)

「プジョー208アリュール シエロ プラス」
「プジョー208アリュール シエロ プラス」拡大

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プラグインハイブリッドもラインナップ 新型「プジョー308」がデビュー 2021.3.18 自動車ニュース ステランティスは2021年3月18日、プジョーブランドの基幹車種「308」の新型を発表した。7年半ぶりのフルモデルチェンジとなる3代目には、ガソリン車やディーゼル車に加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • プジョー308 2021.3.18 画像・写真 プジョーの基幹車種であるハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型が、2021年3月18日にデビューした。新エンブレムが装着されたエクステリアや直線的なデザインのインテリアを、写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • トヨタが「カローラ ツーリング」にアウトドアテイストを盛り込んだ特別仕様車設定 2021.4.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年4月2日、ステーションワゴン「カローラ ツーリング」に特別仕様車“ACTIVE RIDE(アクティブライド)”を設定し、500台の台数限定で同年4月19日に発売すると発表。同日、注文受け付けを開始した。
ホームへ戻る