装備充実の「プジョー208」、250台限定で発売

2017.04.17 自動車ニュース

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年4月17日、「プジョー208」の特別仕様車「208アリュール シエロ プラス」を発表。同日、250台限定で販売を開始した。

今回の208アリュール シエロ プラスは、「208アリュール」がベースの限定車。シエロルーフと名付けられたガラスルーフのほか、LEDルーム&マップランプ、新デザインの16インチアロイホイール、メタリックボディーカラーが与えられる。

価格は、ベースモデルより5万円高の242万円。ボディーカラーはサテン・ホワイト、ダーク・ブルー、リオハ・レッド、オレンジ・パワーの4色から選べる。

同時に、プジョー208全車について、タッチスクリーンを日本語表示可能なものに変更。エントリーモデルの「208スタイル」(6AT車)については、装備をアップグレードし、バックソナー、レザーステアリングホイール、リア&リアサイドスーパーティンテッドガラスを標準装備とした。

なお、これらの装備追加にともなう価格の変更はない。

  • 208スタイル(5MT):199万円
  • 208スタイル(6AT):217万円
  • 208アリュール(6AT):237万円
  • 208アリュール シエロパッケージ(6AT):256万円

(webCG)

「プジョー208アリュール シエロ プラス」
「プジョー208アリュール シエロ プラス」拡大

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.9 試乗記 創立100周年を迎えたシトロエンが放つ新型車が「C5エアクロスSUV」だ。“ハイドロニューマチックの現代的解釈”をうたうサスペンションシステムや新開発のシートなど、「何よりもコンフォート性能を追求した」というモデルを支える装備の出来栄えをチェックした。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
ホームへ戻る