新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸

2017.04.24 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ」
「アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ」拡大

アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。

 
新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸の画像拡大
自然吸気の6リッターV12エンジン。最高出力588psを発生する。
自然吸気の6リッターV12エンジン。最高出力588psを発生する。拡大
センターコンソールには、サテン調のカーボンパネルが張られる。
センターコンソールには、サテン調のカーボンパネルが張られる。拡大
(※写真をクリックすると、「ヴァンキッシュSクーペ」のフォトギャラリーが見られます)
(※写真をクリックすると、「ヴァンキッシュSクーペ」のフォトギャラリーが見られます)拡大

新型ヴァンキッシュSは、“究極のスーパーGT”とうたわれるアストンマーティンの高性能モデル。最高出力588psの6リッターV12エンジンを搭載し、0-100km/hの加速タイムは3.5秒、最高速度は323km/hをマークする。2016年11月に概要が発表されており、今回は国内でその姿が初披露された。

エクステリアについては、カーボン製のボディーパネルによる新しい空力パッケージを採用。高速での走行安定性を向上させるフロントスプリッターやリアディフューザー、4本出しのエキゾーストパイプなどが外観上の特徴とされる。

一方、インテリアは、サテン調カーボンのセンターパネルや、“フィオグラフ”デザインのオプション内装、Bang & Olufsenのオーディオシステム、Apple CarPlayに対応したインフォテインメントシステムなどがセリングポイントになっている。

新型ヴァンキッシュSには、クローズドボディーの「クーペ」と、オープンボディーの「ヴォランテ」の2車種がラインナップされる。価格は以下の通り。

  • ヴァンキッシュSクーペ:3457万9982万円
  • ヴァンキッシュSヴォランテ:3691万1983万円

受注は既に行われており、2017年5月にクーペからデリバリーが開始される。

(webCG)

関連キーワード:
ヴァンキッシュ, ヴァンキッシュ ヴォランテ, アストンマーティン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)/ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.2 試乗記 公約通り、ほぼ9カ月に1台の割合でニューモデルを市場投入しているアストンマーティン。フラッグシップモデルとして誕生した「DBSスーパーレッジェーラ」の実力を試す場としてふさわしいのは、やはりサーキットである。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る