新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸

2017.04.24 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ」
「アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ」拡大

アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。

 
新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸の画像拡大
自然吸気の6リッターV12エンジン。最高出力588psを発生する。
自然吸気の6リッターV12エンジン。最高出力588psを発生する。拡大
センターコンソールには、サテン調のカーボンパネルが張られる。
センターコンソールには、サテン調のカーボンパネルが張られる。拡大
(※写真をクリックすると、「ヴァンキッシュSクーペ」のフォトギャラリーが見られます)
(※写真をクリックすると、「ヴァンキッシュSクーペ」のフォトギャラリーが見られます)拡大

新型ヴァンキッシュSは、“究極のスーパーGT”とうたわれるアストンマーティンの高性能モデル。最高出力588psの6リッターV12エンジンを搭載し、0-100km/hの加速タイムは3.5秒、最高速度は323km/hをマークする。2016年11月に概要が発表されており、今回は国内でその姿が初披露された。

エクステリアについては、カーボン製のボディーパネルによる新しい空力パッケージを採用。高速での走行安定性を向上させるフロントスプリッターやリアディフューザー、4本出しのエキゾーストパイプなどが外観上の特徴とされる。

一方、インテリアは、サテン調カーボンのセンターパネルや、“フィオグラフ”デザインのオプション内装、Bang & Olufsenのオーディオシステム、Apple CarPlayに対応したインフォテインメントシステムなどがセリングポイントになっている。

新型ヴァンキッシュSには、クローズドボディーの「クーペ」と、オープンボディーの「ヴォランテ」の2車種がラインナップされる。価格は以下の通り。

  • ヴァンキッシュSクーペ:3457万9982万円
  • ヴァンキッシュSヴォランテ:3691万1983万円

受注は既に行われており、2017年5月にクーペからデリバリーが開始される。

(webCG)

関連キーワード:
ヴァンキッシュ, ヴァンキッシュ ヴォランテ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン ヴァンキッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(FR/8AT)【試乗記】 2021.1.4 試乗記 新世代の「アストンマーティン・ヴァンテージ」にオープントップバージョン「ロードスター」が登場。早速ステアリングを握った筆者は、予想以上の官能性あふれる走りに、すっかり夢中になったのだった。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • アストンマーティンが「ヴァンテージF1エディション」発表 最高出力535PSの高性能モデル 2021.3.23 自動車ニュース アストンマーティンが「ヴァンテージF1エディション」を発表した。アストンのF1復帰を記念して設定されたヴァンテージの高性能モデルで、F1のセーフティーカー開発から技術をフィードバック。エンジン出力向上に加え、シャシーや空力パーツにも改良を施している。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る