アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表

2017.04.26 自動車ニュース
新型「アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ」
新型「アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ」拡大

アウディ ジャパンは2017年4月26日、コンパクトSUVのニューモデル「Q2」を発表した、2017年6月中旬に販売を開始する。

「Q2 1.0 TFSIスポーツ」のリアビュー。Cピラーに施された「ブレード」と呼ばれるアクセントが目を引く。
「Q2 1.0 TFSIスポーツ」のリアビュー。Cピラーに施された「ブレード」と呼ばれるアクセントが目を引く。拡大
「Q2」のメインターゲットについて、「30代から40台の比較的若い層」と語る、アウディ ジャパンの斎藤 徹社長。
「Q2」のメインターゲットについて、「30代から40台の比較的若い層」と語る、アウディ ジャパンの斎藤 徹社長。拡大
「Q2 1.0 TFSIスポーツ」のインテリア。
「Q2 1.0 TFSIスポーツ」のインテリア。拡大
1リッター直3直噴ターボエンジン。
1リッター直3直噴ターボエンジン。拡大
1.4リッター直4直噴ターボエンジン。
1.4リッター直4直噴ターボエンジン。拡大
「Q2 1.0 TFSIスポーツ」の17インチアルミホイール。
「Q2 1.0 TFSIスポーツ」の17インチアルミホイール。拡大
フルデジタルメーターの「アウディ バーチャルコックピット」。
フルデジタルメーターの「アウディ バーチャルコックピット」。拡大
280台の限定モデル「Q2ファーストエディション」。
280台の限定モデル「Q2ファーストエディション」。拡大

最小の“Qファミリー”

「Qファミリー」と呼ばれるアウディのSUVは、「Q7」を頂点に「Q5」と「Q3」の3モデルがラインナップされている。これに今回加わったのが、Q3よりもさらに小さいQ2だ。全長×全幅×全高=4200×1795×1530mmのボディーは、Q3よりも200mm短く、35m狭く、65mm低い。全高が1550mmを切ったことで高さ制限のある立体駐車場などにも対応するのがうれしい。一方、2595mmのホイールベースはQ3よりも10mm短いに過ぎず、前後のオーバーハングを切り詰めたデザインであることがわかる。

Q2のエクステリアは、これまでのアウディとはやや趣が異なる。アウディのアイデンティティーであるシングルフレームグリルは八角形になり、やや高い位置に配置することでSUVらしさを強調したという。ボディーも角張った形状とし、コンパクトであっても強い存在感を放っている。ボディーカラーとは別色の“ブレード”がCピラーに配されるのも、エクステリアのアクセントとなっている(一部仕様を除く)。

インテリアは、水平基調のダッシュボードに航空機のエンジンをイメージさせるエアベントを配したデザインを採用。標準はアナログメーターが装着されるが、オプションでフルデジタルメーターの「アウディ バーチャルコックピット」が用意される。ラゲッジスペースは通常時でも405リッターを確保し、分割可倒式リアシートを倒すことで最大1050リッターまで拡大することが可能だ。

パワートレインは116psを発生する1リッター直列3気筒ターボの「1.0 TFSI」と、150psの1.4リッター直列3気筒ターボの「1.4 TFSI」を設定。1.4 TFSIは負荷が低いときに第2、第3シリンダーを休止して燃費を向上させるシリンダーオンデマンド(COD)機能を搭載している。トランスミッションはデュアルクラッチタイプの7段Sトロニックで、駆動方式は全車FFである。

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアがトーションビームを採用。電動パワーステアリングは、中立付近でスロー、ある程度舵角が大きくなるとクイックな特性となるプログレッシブステアリングを全車に採用した。

コンパクトSUVでありながら、アシスタンスシステムが充実しているのも見どころのひとつ。ベースグレードを除いて、衝突を回避、または被害を軽減する自動ブレーキシステムや、レーダータイプのアダプティブクルーズコントロールを標準装着するとともに、アクティブレーンアシスト、渋滞での追従機能であるトラフィックジャムアシスト、ハイビームアシストといった機能を「セーフティパッケージ」として設定している。

インフォテインメントシステムも上級モデルなみに充実しており、オプションのMMIナビゲーションシステムを選ぶと、Apple CarPlayとAndroid Autoを搭載する「アウディ スマートフォンインターフェイス」や、テレマティクスサービスの「アウディコネクト」が利用可能になる。

ラインナップと価格は次のとおり。

  • Q2 1.0 TFSI……299万円
  • Q2 1.0 TFSIスポーツ……364万円
  • Q2 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ……405万円

なお、Q2のデビューを記念し、「Q2 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」をベースに、内外装をスポーティーに仕立て上げる「Sラインパッケージ」やナビゲーションシステム、セーフティパッケージ、アウディ バーチャルコックピットなどを標準装着した「Q2ファーストエディション」を280台限定で販売。こちらは490万円になる。

(生方 聡)

→「アウディQ2」のより詳細な写真はこちら
 

関連キーワード:
Q2, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディが「Q2」の仕様を変更、安全装備の設定を拡大 2018.9.20 自動車ニュース アウディがコンパクトSUV「Q2」の仕様を変更。エントリーグレード「30 TFSI」にも自動緊急ブレーキやレイン/ライトセンサーを採用したほか、上位2グレードにはQ2として初めて「S lineパッケージ」を設定した。
  • アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2019.1.9 試乗記 既存のヒエラルキーの外にあるという、野心的なポジションで誕生した「アウディQ2」も、日本での販売開始から1年半の時が経過した。あらためてステアリングを握り、ワインディングロードに連れ出すと、導入初期のモデルでは気付かなかったものが見えてきた。
  • アウディQ3 2018.7.26 画像・写真 2011年のデビュー以来、初のモデルチェンジが実施された「アウディQ3」。2代目となる新型は従来モデルに比べて、ボディーサイズ、居住空間ともに拡大されている。その姿を写真で紹介する。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
ホームへ戻る