第409回:「アウディQ2」のデザイナー
若者が求める“クルマ像”を語る

2017.05.08 エディターから一言
「アウディQ2」の発表会において、同車の特徴を説明するマティアス・フィンク氏。
「アウディQ2」の発表会において、同車の特徴を説明するマティアス・フィンク氏。拡大

アウディのコンパクトSUV「Q2」の発売に伴い、同車のデザイナーを務めたマティアス・フィンク氏が来日。同車がターゲットとしている、若者が求める“クルマ像”とはどのようなものなのか、自身も30代という若手デザイナーが語った。

アウディの新型SUV「Q2」。“ドイツ御三家”の中では比較的ユーザー層が若いとされているアウディの中でも、さらに若い層をターゲットとして開発されたモデルだ。
アウディの新型SUV「Q2」。“ドイツ御三家”の中では比較的ユーザー層が若いとされているアウディの中でも、さらに若い層をターゲットとして開発されたモデルだ。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4200×1795×1530mm。ワンサイズ上の「Q3」と比べると、200mmも短い全長が特に際立つ。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4200×1795×1530mm。ワンサイズ上の「Q3」と比べると、200mmも短い全長が特に際立つ。拡大
<プロフィール>
1981年生まれ。ドイツ・バイエルン州シュタルンベルク出身。幼少の頃の自動車とスケッチに対する興味から、カーデザイナーを志すようになり、プフォルツハイム大学において輸送機器デザインを専攻。2012年に独アウディに入社し、今日に至るまでエクステリアデザイナーとして活躍している。
<プロフィール>
	1981年生まれ。ドイツ・バイエルン州シュタルンベルク出身。幼少の頃の自動車とスケッチに対する興味から、カーデザイナーを志すようになり、プフォルツハイム大学において輸送機器デザインを専攻。2012年に独アウディに入社し、今日に至るまでエクステリアデザイナーとして活躍している。拡大

仕事も趣味も1台のクルマでこなしたい

――若いユーザーをターゲットとしてデザインしたといいますが、具体的にはどんなライフスタイル層をイメージしましたか?

マティアス・フィンク氏(以下、フィンク):若い世代のポジティブでエネルギッシュな人たちを想定しました。何か制約されることなく、自由に生きたいという人たちです。そこでQ2は、とても敏しょうでスポーティー、それでいて使いやすくてスタイリッシュなデザインを目指しました。

――若者はクルマに何を求めていると考えましたか?

フィンク:若者は2台目、3台目のクルマを持たず、仕事も趣味もすべて1台のクルマでまかないたいと考えています。上の世代のようにスポーツカーやオープンカー、SUVを目的によって乗り分けるのではなく、すべてを1台で済ませたいのです。だから、街乗りするんだったら駐車スペースのことを考えて全長は短くしたいし、スポーティーできびきび乗りたいから車幅はある程度ワイドにしたい。山にハイキングに行くなら、室内のスペースも確保したい……ということで、とにかく全部をまかなえるようなクルマをデザインしました。

実際、このQ2は「Q3」に比べて全長は短いのですが、それでも地上高はちゃんと確保していますし、室内のスペースも十分です。いってみれば、いろんなクルマのいいとこ取りをしたクルマがQ2であり、そういった意味では若い人にはぴったりの、完璧なクルマだと思います。

アウディ Q2 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディRS Q8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.7 試乗記 全長5m、全幅2mという巨大なボディーに、圧倒的なパワーを発する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS Q8」。重厚長大という言葉を地でいく巨大で豪速なハイパフォーマンスSUVは、得も言われぬ“勝ち組”感に包まれていた。
  • アウディがコンパクトセグメントのピュアEV「Q4 e-tron/Q4スポーツバックe-tron」を発表 2021.4.15 自動車ニュース 独アウディは2021年4月14日(現地時間)、コンパクトセグメントのピュアEV「Q4 e-tron」と「Q4スポーツバックe-tron」をオンラインで発表した。いずれも同年6月に欧州で販売を開始する予定。
  • プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。
  • アウディQ7 55 TFSIクワトロSライン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.3 試乗記 アウディがラインナップする3列シートのフルサイズSUV「Q7」が、フルモデルチェンジから4年を経て大幅な改良を受けた。パワートレインが刷新された改良モデルはどのような走りを実現しているのか? スポーティーな「Sライン」モデルで試した。
ホームへ戻る