「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場

2017.04.28 自動車ニュース

BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」に特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。

今回のX1 sDrive18iファッショニスタは、「X1 sDrive18i」をベースに、ミネラルホワイトのボディーカラーや18インチアロイホイール、キャンベラベージュのセンサテックレザーシートなどを採用することで、スタイリッシュさと上質感の向上が図られたモデル。

さらに、リアバンパーの下につま先をかざすだけでテールゲートを自動開閉できるオートマチックテールゲートオペレーションや、電動フロントシート、アクティブクルーズコントロールなど、安全性と快適性を高める装備も追加されている。

主な装備内容は以下の通り。

  • ミネラルホワイトのボディーカラー
  • 18インチYスポーク スタイリング566アロイホイール
  • シルバーキドニーグリル
  • キャンベラベージュのセンサテックレザーシート
  • シリアル番号入り専用バッジ
  • ファインラインストリームウッドトリム/パールグロスクロームハイライト
  • PDCフロント
  • パーキングアシスト
  • オートマチックエアコンディショナー
  • フロントシートヒーティング
  • 電動フロントシート(運転席&助手席、運転席メモリー機能付き)
  • ドライビングアシストプラス(アクティブクルーズコントロール)
  • コンフォートパッケージ(オートマチックテールゲートオペレーション<オープン/クローズ>、 リアシートバックレストのリリース機能、スライディングリアシート<リアシートバックレスト角度調節機能付き>)

価格はベースモデルより62万円高の467万円。

(webCG)

「BMW X1 sDrive18iファッショニスタ」
「BMW X1 sDrive18iファッショニスタ」拡大

関連キーワード:
X1, BMW, 自動車ニュース

BMW X1 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X3 Mコンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.21 試乗記 「BMW X3 Mコンペティション」に冠された「M」の文字はだてではない。2tを超えるSUVボディーを“俊敏”に走らせるのに十分なパワーと、時に過剰とも思えるほどに引き締められた足まわりを持つその中身は、まさにスポーツカーと表現したくなる出来栄えだった。
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.26 試乗記 “アンフォロー”をテーマに、ブランドの既存のルールにとらわれない独特な立ち位置でデビューした「BMW X2」。しかし、いくら“鬼っ子”として振る舞っても、出自はなかなか隠せないもの。試乗を通じて感じたのは、あのクルマとの強い類似性だった。
  • BMW X2 M35i(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.8 試乗記 BMWの都会派クロスオーバー「X2」に、最高出力300psオーバーの高性能モデルが登場。「かつてない領域へとドライバーをいざなう」とうたわれるその走りは、多くのユーザーを満足させてくれるのか、それとも……?
  • 第12回:BMW X2(後編) 2018.11.14 カーデザイナー明照寺彰の直言 スポーティーな造形でありながら、意外なほどの居住性のよさも兼ね備えていた「BMW X2」だが、明照寺氏はひとつ引っかかる点があったという。今回はBMWの最新モデルを題材に、ボディーカラーの大切さと、色とデザイナーのお仕事の“内部事情”を開陳する。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
ホームへ戻る