BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ

2017.05.09 自動車ニュース
「BMW M4コンペティション」
「BMW M4コンペティション」拡大

BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。

 
BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジの画像拡大
 
BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジの画像拡大
 
BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジの画像拡大
 
BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジの画像拡大
 
BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジの画像拡大

450psの「コンペティション」仕様を追加設定

今回のマイナーチェンジでは、ヘキサゴナル(六角形)デザインのデイタイム・ランニングライト機能付きアダプティブLEDヘッドライトや、LEDテールライトが採用されたほか(M4のみ。M3はすでに採用済み)、アロイホイールがブラックカラーの19インチに変更された。室内ではハーマンカードンのサラウンド・サウンド・システムとカーボンファイバー・トリムが標準装備とされた。

また今回の一部改良に合わせて、よりスポーティーに仕立てられた「M3コンペティション」と「M4コンペティション」が追加設定された。その内容は従来型に用意されていたパッケージオプション「コンペティション・パッケージ」に準じており、最高出力の強化や足まわりの強化、トラクション性能の改善、専用シートの装着など多岐に及んでいる。

M3/M4コンペティションでは、従来のコンペティション・パッケージと同様に、3リッター直6ターボエンジンの最高出力が450ps(331kw)とされている。この数値は標準型の19ps(14kw)増しに当たる。これに伴い、0-100km/h加速は4.1秒から4.0秒へ短縮される(欧州仕様車の参考データ)。

足まわりにはダンパーとスタビライザーに専用チューンが施された「アダプティブMサスペンション」が与えられており、電子制御式多板クラッチによって駆動力を左右後輪間で自在に配分する「アクティブMディファレンシャル」やDSCも専用の設定となっている。これらに加えて、専用の「Mスポーツ・エキゾースト・システム」がおごれられており、“パワフルかつ官能的なエンジンサウンド”を奏でるという。

外装には、軽量構造の「20インチ鍛造Mライトアロイホイール・スタースポーク・スタイリング666M」やハイグロスブラック仕上げのキドニーグリル、ブラッククローム仕上げのデュアルエキゾーストパイプなどが装着され、よりスポーティーな装いに。一方、室内には軽量構造の専用Mスポーツシートや、Mストライプが施された専用シートベルトが採用され、“コンペティションモデル”としての個性が演出されている。

M3およびM4シリーズの新価格は以下のとおり。

・M3:1185万円(M DCT)
・M3コンペティション:1256万円(M DCT)
・M4:1157万円(MT)/1208万円(M DCT)
・M4コンペティション:1279万円(M DCT)

(webCG)

 

関連キーワード:
M3セダン, M4クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)/スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • アウディRS 5スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.7 試乗記 伸びやかな5ドアのボディーに、パワフルな2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 5スポーツバック」。最高出力450PS、最大トルク600N・mのアウトプットを自慢の「クワトロ」フルタイム4WDで御す、その走りを試した。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
ホームへ戻る