最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売

2017.05.10 自動車ニュース
「BMW M4 CS」
「BMW M4 CS」拡大

BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。

 
最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売の画像拡大

よりサーキットに適した「M4」

今回のBMW M4 CSは、ハイパフォーマンスクーペ「BMW M4」の走行性能に一段と磨きをかけた限定車。さらなるエンジン性能の向上と車体の軽量化により、究極のサーキット走行性能を提供するとアピールされる。

フロントに縦置きされる3リッター直6ターボエンジンは、「BMW M4コンペティション」比で10psアップの最高出力460ps/6250rpmと、同50Nm増しの最大トルク600Nm/4000-5380rpmを発生。0-100km/hの発進加速タイムは3.9秒と公表される(欧州測定値)。トランスミッションはデュアルクラッチ式の「M DCT」のみ。

足まわりについては、ダンパー設定の異なる3つのモード(コンフォート、スポーツ、スポーツ+)が選べる「アダプティブMサスペンション」を標準装備。あらゆる状況下で高水準なトラクションと走行安定性を確保する「アクティブMディファレンシャル」も備わる。

その一方で、Mダイナミックモード(MDM)の介入により、軽度のドリフト走行も可能。サーキットにおいて、スポーティーでダイナミックな走りを楽しむことができるという。

エクステリアは、ブラックに塗装されたバーを持つキドニーグリルや、専用のCFRP製スプリッター、ドイツツーリングカー選手権(DTM)の「M4レーサー」を模した軽量アロイホイール(前:19インチ、後ろ:20インチ)などでドレスアップ。レザーとアルカンターラを基調とするインテリアには、専用のMスポーツステアリングホイールや専用アンソラジットドアトリムなどが装着される。

主な装備は以下の通り。

  • BMW Individualハイグロスブラックシャドーラインキドニーグリル/サイドギル
  • 専用CFRP製フロントスプリッター
  • 専用MアロイホイールVスポークスタイリング763M(オービットグレー塗装、前:265/35R19/後ろ:285/30R20)
  • 専用CFRP製リアスポイラー/リアディフューザー
  • 専用オーガニックLEDテールランプ
  • 専用バケットシート(レザーメリノ:ブラック&アルカンターラインサート)
  • 3点式シートベルト(Mストライプ付き)
  • 専用アルカンターラMスポーツステアリングホイール(センターマーク付き)
  • 専用アルカンターラアンソラジットトリム(CSレタリング付き)/センターコンソール/ハンドブレーキ
  • 専用アンソラジットドアトリム/ストラップ(Mストライプ付き)
  • 専用Hi-Fiスピーカーシステム(600W/12スピーカー)
  • Mドライバースパッケージ

価格は1598万円。ハンドルの位置は左右が選べる。

(webCG)
 

関連キーワード:
M4クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M4クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
  • BMW 220iクーペ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.7.16 試乗記 これまでの「1シリーズ クーペ」に代わって誕生した、BMWの新たな2ドアモデル「2シリーズ クーペ」。その走りや乗り心地を、エントリーモデル「220iクーペ スポーツ」で確かめた。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る