最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売

2017.05.10 自動車ニュース
「BMW M4 CS」
「BMW M4 CS」拡大

BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。

 
最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売の画像拡大
 
最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売の画像拡大

よりサーキットに適した「M4」

今回のBMW M4 CSは、ハイパフォーマンスクーペ「BMW M4」の走行性能に一段と磨きをかけた限定車。さらなるエンジン性能の向上と車体の軽量化により、究極のサーキット走行性能を提供するとアピールされる。

フロントに縦置きされる3リッター直6ターボエンジンは、「BMW M4コンペティション」比で10psアップの最高出力460ps/6250rpmと、同50Nm増しの最大トルク600Nm/4000-5380rpmを発生。0-100km/hの発進加速タイムは3.9秒と公表される(欧州測定値)。トランスミッションはデュアルクラッチ式の「M DCT」のみ。

足まわりについては、ダンパー設定の異なる3つのモード(コンフォート、スポーツ、スポーツ+)が選べる「アダプティブMサスペンション」を標準装備。あらゆる状況下で高水準なトラクションと走行安定性を確保する「アクティブMディファレンシャル」も備わる。

その一方で、Mダイナミックモード(MDM)の介入により、軽度のドリフト走行も可能。サーキットにおいて、スポーティーでダイナミックな走りを楽しむことができるという。

エクステリアは、ブラックに塗装されたバーを持つキドニーグリルや、専用のCFRP製スプリッター、ドイツツーリングカー選手権(DTM)の「M4レーサー」を模した軽量アロイホイール(前:19インチ、後ろ:20インチ)などでドレスアップ。レザーとアルカンターラを基調とするインテリアには、専用のMスポーツステアリングホイールや専用アンソラジットドアトリムなどが装着される。

主な装備は以下の通り。

  • BMW Individualハイグロスブラックシャドーラインキドニーグリル/サイドギル
  • 専用CFRP製フロントスプリッター
  • 専用MアロイホイールVスポークスタイリング763M(オービットグレー塗装、前:265/35R19/後ろ:285/30R20)
  • 専用CFRP製リアスポイラー/リアディフューザー
  • 専用オーガニックLEDテールランプ
  • 専用バケットシート(レザーメリノ:ブラック&アルカンターラインサート)
  • 3点式シートベルト(Mストライプ付き)
  • 専用アルカンターラMスポーツステアリングホイール(センターマーク付き)
  • 専用アルカンターラアンソラジットトリム(CSレタリング付き)/センターコンソール/ハンドブレーキ
  • 専用アンソラジットドアトリム/ストラップ(Mストライプ付き)
  • 専用Hi-Fiスピーカーシステム(600W/12スピーカー)
  • Mドライバースパッケージ

価格は1598万円。ハンドルの位置は左右が選べる。

(webCG)
 

関連キーワード:
M4クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M4クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
  • 2020年デビューが決定! 新型「BMW M3」を予想する 2020.1.29 デイリーコラム 2020年内に新型がお披露目されることが明らかとなった「BMW M3」。1985年のE30型に始まる同車の進化の歩みを紹介するとともに、通算で6代目となる新型のスペックを予想する。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー イタリア(MR/6AT)【試乗記】 2020.2.3 試乗記 専用設計のカーボンモノコックに1750ccの直4直噴ターボエンジンを搭載したアルファ・ロメオのミドシップスポーツカー「4C/4Cスパイダー」。その走りは「レースカーさながら」と表しても過言ではない、刺激に満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
ホームへ戻る