ホンダのFCV「クラリティ フューエルセル」がタクシーに

2017.05.18 自動車ニュース

本田技研工業は2017年5月18日、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、セダンタイプのFCV「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を、同年6月末をめどに開始すると発表した。

クラリティ フューエルセルは、一充填走行距離が約750km(JC08モード走行パターンによるホンダ計測値)、一回あたりの水素充填時間は3分程度という、ガソリン車と変わらない使い勝手をセリングポイントとするFCVで、2016年3月にリース販売が開始されている。

今回ホンダと協力し、FCVタクシーを導入するのは、帝都自動車交通(東京都中央区)、仙台タクシー(宮城県仙台市)、大宮自動車(埼玉県さいたま市)、日野交通(神奈川県横浜市)の4社。

ホンダはFCVの本格普及に向け、今回のタクシー運用を通じて得られた走行データなどのさまざまな情報をフィードバックし、FCVのさらなる性能進化に向けた研究開発に取り組むとしている。

(webCG)

「ホンダ・クラリティ フューエルセル」
「ホンダ・クラリティ フューエルセル」拡大

関連キーワード:
クラリティ フューエルセル, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る