ホンダのFCV「クラリティ フューエルセル」がタクシーに

2017.05.18 自動車ニュース

本田技研工業は2017年5月18日、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、セダンタイプのFCV「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を、同年6月末をめどに開始すると発表した。

クラリティ フューエルセルは、一充填走行距離が約750km(JC08モード走行パターンによるホンダ計測値)、一回あたりの水素充填時間は3分程度という、ガソリン車と変わらない使い勝手をセリングポイントとするFCVで、2016年3月にリース販売が開始されている。

今回ホンダと協力し、FCVタクシーを導入するのは、帝都自動車交通(東京都中央区)、仙台タクシー(宮城県仙台市)、大宮自動車(埼玉県さいたま市)、日野交通(神奈川県横浜市)の4社。

ホンダはFCVの本格普及に向け、今回のタクシー運用を通じて得られた走行データなどのさまざまな情報をフィードバックし、FCVのさらなる性能進化に向けた研究開発に取り組むとしている。

(webCG)

「ホンダ・クラリティ フューエルセル」
「ホンダ・クラリティ フューエルセル」拡大

関連キーワード:
クラリティ フューエルセル, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
  • トヨタGR 86プロトタイプ/スバルBRZプロトタイプ【試乗記】 2021.7.17 試乗記 日本の2メーカーの共同開発により生まれた「トヨタ86」と「スバルBRZ」。初代誕生から9年の時を経て世に出る2代目は、どんなスポーツカーに仕上がっているのか? サーキットで試乗した印象と進化のポイントをリポートする。
  • トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善 2021.7.19 自動車ニュース トヨタがハイブリッドのコンパクトモデル「アクア」をフルモデルチェンジ。従来モデルから全方位的な進化を図っており、バイポーラ型ニッケル水素電池の採用などにより燃費性能を約2割向上させたほか、予防安全や運転支援に関する装備も大幅に強化している。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.6 試乗記 8代目に進化した「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のベーシックモデル「eTSIアクティブ」に試乗。ボディーデザインやシャシーの進化に加え、パワートレインの電動化とADASを含むデジタルデバイスの強化も注目のポイントである。果たしてその仕上がりやいかに。
ホームへ戻る