ホンダが「クラリティ フューエルセル」を一部改良 カラーリング変更で質感向上

2019.12.19 自動車ニュース
ホンダ・クラリティ フューエルセル
ホンダ・クラリティ フューエルセル拡大

本田技研工業は2019年12月19日、燃料電池自動車「クラリティ フューエルセル」を一部改良し、販売を開始した。

 
ホンダが「クラリティ フューエルセル」を一部改良 カラーリング変更で質感向上の画像拡大
 
ホンダが「クラリティ フューエルセル」を一部改良 カラーリング変更で質感向上の画像拡大

今回の改良では、ドアミラーのカラーリングをルーフと統一感のあるブラックとしたほか、ホイールにはグレーメタリックカラーを採用。また、室内空間の快適性向上を図り、紫外線と赤外線をカットするガラスを随所に採用した。

さらに、低温域での性能を向上させ、さらに幅広い環境で利用できるようにしたという。

価格は783万6400円。

(webCG)

関連キーワード:
クラリティ フューエルセル, ホンダ, 自動車ニュース