「日産セレナ」の特別仕様車「Vセレクション」登場

2017.05.25 自動車ニュース

 

「日産セレナ ハイウェイスター Vセレクション」
「日産セレナ ハイウェイスター Vセレクション」拡大

日産自動車は2017年5月24日、「セレナ」に特別仕様車「X Vセレクション」、「ハイウェイスター Vセレクション」を設定し、同日販売を開始した。

「セレナX Vセレクション」
「セレナX Vセレクション」拡大

今回のVセレクションは、セレナの「X」、「ハイウェイスター」グレードをベースに、使い勝手や快適性を向上させる人気アイテムを標準装備としたモデルである。

X Vセレクションは、Xをベースに2列目シートの横スライドなどによる多彩なシートアレンジやパーソナルテーブルなど、同乗者の利便性を向上させる「快適パック」を標準装備とした。また、ステアリングでのオーディオ操作が可能なステアリングスイッチやGPSアンテナなどをセットにした「日産オリジナルナビ取付パッケージ」と、左右両側の「ワンタッチオートスライドドア」も標準装備としている。

いっぽう、ハイウェイスター Vセレクションは、ハイウェイスターをベースに「LEDヘッドランプ」や左右両側の「ハンズフリーオートスライドドア」、「16インチタイヤ&アルミホイール(FF車のみ)」、「快適パック」、「日産オリジナルナビ取付パッケージ」を標準装備とした。

価格は以下の通り。

  • X Vセレクション(FF/CVT):267万4080円
  • X Vセレクション(4WD/CVT):291万8160円
  • ハイウェイスター Vセレクション(FF/CVT):293万4360円
  • ハイウェイスター Vセレクション(4WD/CVT):319万4640円

(webCG)

関連キーワード:
セレナ, 日産, 自動車ニュース

日産 セレナ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 「日産スカイライン」発表会の会場から 2019.7.16 画像・写真 他の日産車に共通する「Vモーショングリル」や伝統の丸形4灯デザインのリアコンビネーションライトを採用し、手放し運転可能な「プロパイロット2.0」を初搭載するなど、多岐にわたるバージョンアップが行われた「スカイライン」。発表会の様子を、写真でリポートする。
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
ホームへ戻る