最高出力600psのセダン「ジャガーXE SVプロジェクト8」が登場

2017.05.31 自動車ニュース
「ジャガーXE SVプロジェクト8」のプロトタイプ。
「ジャガーXE SVプロジェクト8」のプロトタイプ。拡大

英ジャガー・ランドローバーは2017年5月26日(現地時間)、「ジャガーXE」のハイパフォーマンスモデル「XE SVプロジェクト8」の市場投入を発表。同車プロトタイプの画像と動画を公開した。

 
最高出力600psのセダン「ジャガーXE SVプロジェクト8」が登場の画像拡大
 
最高出力600psのセダン「ジャガーXE SVプロジェクト8」が登場の画像拡大
 
最高出力600psのセダン「ジャガーXE SVプロジェクト8」が登場の画像拡大
 
最高出力600psのセダン「ジャガーXE SVプロジェクト8」が登場の画像拡大
 
最高出力600psのセダン「ジャガーXE SVプロジェクト8」が登場の画像拡大

ジャガーXE SVプロジェクト8は、最高出力600psを発生するスーパーチャージャー付き5リッターV8エンジンを搭載した、高性能スポーツセダンである。

開発については、ジャガー・ランドローバー内において特別なカスタマイズサービスへの対応や、ハイパフォーマンスモデルと少量生産モデルの開発を手がけるスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が担当。ドイツのニュルブルクリンク北コースにてテストが実施されている。

市販モデルの詳細については2017年6月28日に発表を予定。販売台数は300台の限定で、組み立てはすべて英コベントリーにあるSVO テクニカル・センターにて行われる。また、同年6月30日に英ウェスト・サセックスで開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で初走行が披露される予定となっている。

(webCG)

■「Jaguar | Introducing the XE SV Project 8」

関連キーワード:
XE, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • ジャガーXE 300スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.28 試乗記 ジャガーのDセグメントセダン「XE」に、300psの2リッターターボエンジンを搭載した「300スポーツ」が登場。雨天のテストドライブでリポーターが感じた“心残り”とは? 2019年モデルより追加された、新しいスポーツグレードの出来栄えを報告する。
  • FCAジャパンが2020年の販売実績を発表 ジープブランドがさらに伸長 2021.1.14 自動車ニュース FCAジャパンは2021年1月14日、オンライン記者発表会を実施し、2020年を振り返るとともに、2021年の見通しについて説明した。2020年は前年とほぼ同水準となる2万4185台を販売し、同社の設立以来最高となる、輸入車市場における通期シェア9.3%を獲得している。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【XE&XF×サトータケシ】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> ジャガーネスを味わうのならサルーンに限る。人気自動車ライターのサトータケシはそう断言する。なぜなら最新の「XE」「XF」には、1965年以来スポーツサルーンを絶やすことなくつくり続けてきた、ジャガーならではのノウハウが注ぎ込まれているからだ。
ホームへ戻る