「プジョー3008」に新グレード「GTライン」登場

2017.06.01 自動車ニュース

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年6月1日、プジョーのコンパクトSUV「3008」に、新グレードの「GTライン」を導入すると発表した。

今回、新たに導入されたGTラインは、3008の日本発売時に設定されていた180台の限定モデル「GTライン デビューエディション」を、常設のカタログモデルとしたものである。

両モデルの仕様・装備は共通で、ボディーカラーのラインナップやパノラミックサンルーフをはじめとしたオプションの設定についても変更はない。ただし、デビューエディションでは無償で選べたオプションカラーは、GTラインではいずれも有償となる。価格はGTラインの方が4万円安い396万円となっている。

GTラインを含む3008のラインナップと価格は以下の通り。

  • アリュール:354万円
  • アリュールLEDパッケージ:369万円
  • GTライン:396万円
  • GT BlueHDi:426万円

(webCG)

「プジョー3008GTライン」
「プジョー3008GTライン」拡大

関連キーワード:
3008プジョー 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • DS 7クロスバック グランシック(FF/8AT)/ソーシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.8.14 試乗記 DSブランドのフラッグシップにして初のSUVとなる「DS 7クロスバック」。きらびやかなデザインもさることながら、その走りもまた、フランス車ならではの個性が感じられるものだった。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • スバルが「レガシィ アウトバック/B4」を改良し発売 2018.9.10 自動車ニュース スバルは2018年9月10日、「レガシィ アウトバック/B4」の改良モデルを発表した。同年10月4日に販売を開始する。全グレードでアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良したほか、スバル60周年記念の「レガシィ アウトバックX-BREAK」を追加設定している。
ホームへ戻る