最高出力607psの「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」登場

2017.06.09 自動車ニュース
「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」
「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」拡大

独ポルシェは2017年6月8日(現地時間)、新たな高性能モデル「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」を発表した。

 
最高出力607psの「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」登場の画像拡大
 
最高出力607psの「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」登場の画像拡大
 
最高出力607psの「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」登場の画像拡大
 
最高出力607psの「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」登場の画像拡大
 
最高出力607psの「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズ」登場の画像拡大

ポルシェ911ターボSエクスクルーシブシリーズは、既存のハイパフォーマンスモデル「ポルシェ911ターボS」の走行性能をさらに高めたスペシャルモデル。911ターボSと異なり、ツッフェンハウゼン本社にある新しいPorsche Exclusive Manufakturにおいて手作業で製作される。価格は未定。

この新たなトップモデルには、専用仕立ての3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンが搭載される。最高出力は、911ターボSを27ps上回る607ps。2250-4000rpmで生み出される最大トルクは750Nm(76.5kgm)で、0-100km/hの加速タイムは2.9秒、最高速度は330km/hと公表される。燃費(欧州複合モード)は、911ターボSと同じ9.1リッター/100km(約11.0km/リッター)である。

ボンネット、ルーフ、サイドスカートなどにカーボン製パーツが採用されるエクステリアは、ルーフとボンネットに見られるカーボン模様のストリップや、ターボエアロキット、新デザインのリアエプロン、カーボン製ラムエアスクープ、2組のブラック塗装ステンレススチール製ツインテールパイプなどが特徴。フェンダーには「Porsche Exclusive Manufaktur」のプレートが添えられる。また、ゴールデンイエローメタリックをはじめとする豊富なボディーカラーが用意される。

インテリアについては、18Wayの調節機構を持つスポーツシートを装備。このシートは2層のパンチングレザーで仕立てられており、ゴールデンイエローのストライプや「Turbo S」の刺しゅうロゴが入れられる。グラブボックス上部には、リミテッドエディションであることを示すプレートを装着。「Exclusive Series」のイルミネーションがともる、カーボン仕上げのドアエントリーガードも備わる。

ポルシェはこれを機会に、ポルシェ車の特注を専門に扱う「Porsche Exclusive Manufaktur」ブランドを全世界で展開する。そのサービスには、顧客へのアドバイスや、各モデルレンジの専用オプション装備の開発、リミテッドエディションの生産が含まれるという。

(webCG)

関連キーワード:
911, ポルシェ, 自動車ニュース