「ルノー・キャプチャー」にカンヌ映画祭の名を冠した限定車

2017.06.22 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー カンヌ」
「ルノー・キャプチャー カンヌ」拡大

ルノー・ジャポンは2017年6月22日、コンパクトクロスオーバー「キャプチャー」に特別仕様車「カンヌ」を設定し、50台の台数限定で販売を開始した。価格は289万円。

 
「ルノー・キャプチャー」にカンヌ映画祭の名を冠した限定車の画像拡大
ボディーサイドに備わる専用のエンブレムデカール。カンヌ映画祭最高賞に贈られるトロフィーと同様に、しゅろの葉がかたどられている。
ボディーサイドに備わる専用のエンブレムデカール。カンヌ映画祭最高賞に贈られるトロフィーと同様に、しゅろの葉がかたどられている。拡大

カンヌ映画祭に330台以上のオフィシャルカーを提供

今回のキャプチャー カンヌは、上級グレードの「インテンス」をベースに、世界3大映画祭のひとつであるカンヌ映画祭のオフィシャルカー(ルノーが提供)をイメージして設定されたもの。

ブランナクレとノワールエトワールを組み合わせたツートンのボディーカラーやブルーフィニッシャー付きのブラックドアモール、エンブレムデカールなどを専用装備している。

ルノーは1983年からカンヌ映画祭をサポートしており、2017年5月に開催された第70回カンヌ映画祭にも330台以上のオフィシャルカーを提供。来場したセレブリティーをレッドカーペットへと送り届けた。

専用装備は以下の通り。

  • ブルーフィニッシャー付きブラックドアモール
  • スキッドプレート(前後)
  • ブルーホイールセンターキャップ
  • 専用エンブレムデカール
  • ブラックレザー×ファブリックコンビシート(前席シートヒーター付き)
  • パナソニック製9インチSDナビゲーション
  • ブルーシルバー内装トリム/エアコンパネルブルーイルミネーション
  • キッキングプレート
  • サンバイザーライト/クリアルームランプ
  • サングラスホルダー
  • 自動防げん式ルームミラー
  • アルミペダル
  • タイヤ空気圧警報
  • パンク修理剤

(webCG)

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー キャプチャー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・キャプチャー VS. フォルクスワーゲンTクロス VS. プジョー2008 2021.3.1 欧州での人気が証明するルノー・キャプチャーの実力<AD> 欧州のベストセラーSUV「ルノー・キャプチャー」の新型が日本に上陸。BセグメントSUVのライバルとしてしのぎを削る「フォルクスワーゲンTクロス」、そして「プジョー2008」と乗り比べ、超激戦区で支持を集めるその理由を探った。
  • ルノー・キャプチャー インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2021.3.16 試乗記 ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」がフルモデルチェンジ。ヨーロッパでSUV販売台数トップの座を獲得したその人気の秘密を確かめるべく、充実装備が自慢の上級グレード「インテンス テックパック」を郊外に連れ出した。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.14 試乗記 「スバル・インプレッサスポーツ」に新たな最上級グレードとなる「STI Sport」が追加された。車名とグレード名の双方に“スポーツ”と付くマニア待望のSTIチューニングモデルは、一体どんな走りをみせてくれるのだろうか。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
  • プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。
ホームへ戻る