インフィニティM35h、加速タイムで記録樹立

2011.09.21 自動車ニュース

「インフィニティM35h」がハイブリッド車の0-1/4マイル最速タイムを樹立

日産自動車の北米法人ニッサン・ノース・アメリカ(北米日産)は2011年9月20日、同社が北米市場で販売している「インフィニティM35h」(日本名「フーガハイブリッド」)が、0-1/4マイル(約400m)を13秒9031で走り、ハイブリッド車のギネス記録を樹立したと発表した。

■マニュアルモードよりオートマモードの方が速い

2011年8月23日に行われた0-1/4マイル(約400m)加速タイム計測のステージとなったのは、FIAのドラッグ競技などが行われるイギリスのサンタ・ポッド・レースウェイ。車両は市販モデルを使用し、ドライバーはイギリスの自動車雑誌『CAR Magazine』の編集者であるティム・ポーランド氏が務めた。タイムアタックは複数回行われ、その平均値である13秒9031がギネス公式タイムとして認定された。

ティム氏いわく、「トランスミッション(7AT)をマニュアルモードにし、手動変速も試みたが、結果的にオートマモードで走ったほうが速かった」とのこと。オートマモードでは13秒8960の最速タイムを記録している。

なお今回インフィニティM35hがマークした13秒9のタイムは、1982年の「ランボルギーニ・カウンタック」の記録に並ぶもの。さらに1998年に「BMW M3」がマークした13秒8や、2007年の「アストン・マーティン V8ヴァンテージ」による13秒6、「ポルシェ911カレラ」の13秒6に迫る(これらの記録は北米日産が『zerotosixtytimes.com』を参照したもの)。

インフィニティM35hは、3.5リッターV6エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載する。システム出力は360hp。燃費(北米複合モード)は、29mpg(12.3km/リッター)、CO2排出量は162g/kmを達成している。

(webCG 曽宮)

「インフィニティM35h」
「インフィニティM35h」 拡大

インフィニティM35h、加速タイムで記録樹立の画像 拡大

インフィニティM35h、加速タイムで記録樹立の画像 拡大

関連キーワード:
フーガ, 日産, -->, 自動車ニュース

日産 フーガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2011.1.26 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……646万8000円

    燃費性能を声高にアピールする、日産の高級セダン「フーガハイブリッド」。その主張の真偽のほどを、長距離ドライブで試した。
  • 日産シーマハイブリッドVIP G(FR/7AT)【試乗記】 2012.8.15 試乗記 日産シーマハイブリッドVIP G(FR/7AT)
    ……845万2500円

    「日産シーマ」が“フーガのストレッチバージョン”として復活。1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステムを携えた5代目は、初代のように“社会現象”を巻き起こせるか?
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
ホームへ戻る