「日産シーマ」がマイナーチェンジ 先進安全装備を搭載

2017.06.15 自動車ニュース
「日産シーマ ハイブリッドVIP G」
「日産シーマ ハイブリッドVIP G」拡大

日産自動車は2017年6月15日、「シーマ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「シーマ ハイブリッドVIP G」のインテリア。
「シーマ ハイブリッドVIP G」のインテリア。拡大
「シーマ ハイブリッドVIP G」の後席。
「シーマ ハイブリッドVIP G」の後席。拡大

今回のマイナーチェンジでは、先進安全装備である、インテリジェントエマージェンシーブレーキ、インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)、インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)、インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付き)、インテリジェントBUI(後退時衝突防止支援システム)を全グレードで標準装備とした。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • シーマ ハイブリッド:794万6640円
  • シーマ ハイブリッドVIP:848万6640円
  • シーマ ハイブリッドVIP G:902万6640円

(webCG)

関連キーワード:
シーマ, 日産, 自動車ニュース

日産 シーマ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • トレッド幅拡大で走行性能もアップ 新型「CLA/CLAシューティングブレーク」登場 2019.8.27 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年8月27日、新型「メルセデス・ベンツCLA」および「CLAシューティングブレーク」を導入すると発表。同日、予約注文受け付けを開始した。
  • 「日産フーガ」、仕様変更で静粛性が向上 2017.11.15 自動車ニュース 日産自動車は2017年11月15日、「フーガ」の一部仕様を変更し、同年11月28日に発売すると発表した。フロントガラス、フロントドアガラス、リアドアガラスに遮音ガラスを採用し、静粛性の向上を図っている。
ホームへ戻る