「日産シーマ」がマイナーチェンジ 先進安全装備を搭載

2017.06.15 自動車ニュース
「日産シーマ ハイブリッドVIP G」
「日産シーマ ハイブリッドVIP G」拡大

日産自動車は2017年6月15日、「シーマ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「シーマ ハイブリッドVIP G」のインテリア。
「シーマ ハイブリッドVIP G」のインテリア。拡大
「シーマ ハイブリッドVIP G」の後席。
「シーマ ハイブリッドVIP G」の後席。拡大

今回のマイナーチェンジでは、先進安全装備である、インテリジェントエマージェンシーブレーキ、インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)、インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)、インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付き)、インテリジェントBUI(後退時衝突防止支援システム)を全グレードで標準装備とした。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • シーマ ハイブリッド:794万6640円
  • シーマ ハイブリッドVIP:848万6640円
  • シーマ ハイブリッドVIP G:902万6640円

(webCG)

関連キーワード:
シーマ, 日産, 自動車ニュース

日産 シーマ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • 東京オートサロン2020展示車両(その10) 2020.1.12 画像・写真 2020年に設立40周年を迎えるインパル。日産車のカスタマイズカーブランドとして、創設者である星野一義氏とともにその名は世界に轟いている。スポーツモデルからミニバンまで、東京オートサロン2020の会場に展示されたインパルのカスタマイズカーを写真で紹介する。
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2010.11.25 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……641万5500円

    誕生から1年を経た2代目「フーガ」に、ハイブリッドバージョンが登場。日産が満を持して送り出す新型高級セダンは、どんな走りを見せるのか?
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る