スポーティーさが際立つ「メルセデスSLC180」の特別仕様車登場

2017.06.20 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツSLC180スポーツ レッドアートエディション」
「メルセデス・ベンツSLC180スポーツ レッドアートエディション」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年6月19日、オープン2シーター「メルセデス・ベンツSLC」の特別仕様車「SLC180スポーツ RedArt Edition(レッドアートエディション)」を発表。同年8月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。

 
スポーティーさが際立つ「メルセデスSLC180」の特別仕様車登場の画像拡大
 
スポーティーさが際立つ「メルセデスSLC180」の特別仕様車登場の画像拡大
 
スポーティーさが際立つ「メルセデスSLC180」の特別仕様車登場の画像拡大
 
スポーティーさが際立つ「メルセデスSLC180」の特別仕様車登場の画像拡大

今回のSLC180スポーツ レッドアートエディションは、1.6リッター直4ターボエンジン搭載の「SLC180スポーツ」をベースに、装備を充実させた特別仕様車。

エクステリアは、フロントスポイラーリップ、サイドエアアウトレットフィン、リアディフューザートリム、レッドアクセント付きのフロントブレーキキャリパーなどでドレスアップ。

インテリアについても、ステアリングホイールやインテリアトリム、ダイレクトセレクトレバーなどにカーボンデザインを採用し、シートにはパイピングを施した上でレッドラインを組み合わせるなど、スポーティーさや特別感が演出されている。ベースモデルでは設定のないナッパレザーのシート地や、SLC180では初となる、乗員の首のまわりを暖める「エアスカーフ」も同車ならではの装備だ。

SLC180スポーツ レッドアートエディションの特別装備は以下の通り。

  • レッドアクセントパーツ(フロントスポイラーリップ、 サイドエアアウトレットフィン、リアディフューザートリム)
  • レッドアートエディション専用18インチAMGマルチスポークアルミホイール
  • “SLC REDART EDITION”サイドエンブレム
  • レッドペイントブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(ともにフロント)
  • ナッパレザーシート(レッドパイピング付き)
  • “SLC REDART EDITION”ステッチ入りヘッドレスト(カーボンパターンエンボス入りレザー)
  • カーボンデザインアルミニウムインテリアトリム
  • ナッパレザーのステアリングホイール(カーボンパターンエンボス入り)
  • エアスカーフ
  • ダイレクトセレクトレバー(カーボンパターンエンボス入りレザー)

価格はベースモデルより26万円高の616万円。ボディーカラーは、オブシディアンブラックとダイヤモンドホワイトが選べる。

(webCG)

関連キーワード:
SLC, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG C63 Sセダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.8.20 試乗記 Dセグメントのボディーに500psオーバーのエンジンを搭載した「メルセデスAMG C63 S」。今回の改良で新たに9段ATが搭載されたが、実際に試乗すると、それ以上に注目すべきポイントがいくつも見受けられた。長足の進化の程をドイツよりリポートする。
  • 【ジュネーブショー2018】メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を世界初公開 2018.3.8 自動車ニュース メルセデスAMGがジュネーブショーで「AMG GT 4ドアクーペ」を発表。2ドアクーペの「AMG GT」と同じく、メルセデス・ベンツのラインナップにはないメルセデスAMGの独自モデルであり、直6、V8合わせ3種類のグレードが用意されている。
  • メルセデス・ベンツCLS450 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.8 試乗記 「メルセデス・ベンツCLSクーペ」に試乗。テスト車は新開発の直6エンジンを積んだアッパーグレード。その技術的な素晴らしさにひとしきり感心したのちにリポーターが見いだしたのは、この4ドアクーペが漂わせる、もっと根源的、人類的ともいえる魅力だった。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
ホームへ戻る