三菱、登山家の野口 健に「アウトランダーPHEV」を提供

2017.06.21 自動車ニュース
登山家の野口 健氏。
登山家の野口 健氏。拡大

三菱自動車は2017年6月21日、同社のアンバサダーを務める登山家の野口 健氏に「三菱アウトランダーPHEV」を貸与すると発表。東京・目黒のショールームにて納車式を実施した。

納車式には三菱自動車の益子 修社長も登場。野口氏に「アウトランダーPHEV」のキーを手渡した。
納車式には三菱自動車の益子 修社長も登場。野口氏に「アウトランダーPHEV」のキーを手渡した。拡大
三菱から貸与された「アウトランダーPHEV」と野口氏。“8848”というナンバーはエベレストの標高にあやかったもので、納車後は「富士山とか、山に出掛けてみたい」と語った。
三菱から貸与された「アウトランダーPHEV」と野口氏。“8848”というナンバーはエベレストの標高にあやかったもので、納車後は「富士山とか、山に出掛けてみたい」と語った。拡大
納車式が行われた、関東三菱自動車販売 目黒店のスタッフと野口氏。
納車式が行われた、関東三菱自動車販売 目黒店のスタッフと野口氏。拡大

今回の車両提供は、多数の自動車部品会社が位置することから三菱と密接な関係がある、岡山県総社市の環境観光大使を野口 健氏が務めていたことから実現したもの。野口氏は現在、震災などの際に避難所にテント村を開設し、被災者を支援する「テント村プロジェクト」を推し進めており、被災地での電力源として「アウトランダーPHEV」に注目していた。

今回の納車式でも、「熊本地震の際に、エベレストのベースキャンプを益城町に持って行った。あのときにアウトランダーが数台あれば、(テントを利用した)600人分の明かりを確保できたのではと思っている」「今、震災を想定したテント村のパッケージを検討している。そのなかにアウトランダーがあれば、電気をつけられるし、夏なら大型テントにクーラーを付けられる。本部の冷蔵庫も稼働できる」と述べ、ガソリンさえあれば電力を供給できるアウトランダーPHEVの活用に期待を寄せた。

また幼少期をエジプトで過ごした野口氏は「ダカールラリーでの三菱の活躍が誇らしかった。三菱は売上高の約8割が海外と、日本より海外で高く評価されている。アウトランダーも米国ですごく注目されているし、日本でもアピールしないといけない」と、三菱のアンバサダーとしての意気込みを述べた。

(webCG)
 

関連キーワード:
アウトランダーPHEV, 三菱, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/Gプレミアムパッケージ【試乗記】 2018.9.15 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。既にデビューから6年目となる同車だが、走りの面での古さは皆無。三菱が手塩にかけて育てたことで、今やプレミアム感すら漂わせるクルマへとステップアップしていた。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/アウトランダーPHEV Gプラスパッケージ【試乗記】 2018.7.23 試乗記 「三菱アウトランダーPHEV」がビッグマイナーチェンジを受けた。そのハイライトは、主要構成部品の9割に手を入れたというプラグインハイブリッドシステムの刷新だ。デビューから5年間の集大成ともいうべき、三菱自慢のシステムの出来栄えを試した。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION Rライン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのSUV「ティグアン」にディーゼル+4WDの「TDI」が仲間入り。ガソリンモデルのティグアンと、先行してディーゼルが導入された「パサート」、いずれもドライブ経験を持つ下野康史が、その出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る