フォルクスワーゲン、「cross up!」を300台限定で発売

2017.06.27 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンcross up!」
「フォルクスワーゲンcross up!」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年6月27日、コンパクトカー「up!」に特別仕様車「cross up!(クロスアップ!)」を設定し、300台の台数限定で販売を開始した。

 
フォルクスワーゲン、「cross up!」を300台限定で発売の画像拡大
 
フォルクスワーゲン、「cross up!」を300台限定で発売の画像拡大
 
フォルクスワーゲン、「cross up!」を300台限定で発売の画像拡大

今回のcross up! は、上級グレードの「high up!」をベースに内外装に専用パーツを採用し、SUV風に仕立てられたモデルである。cross up!は2017年4月に行われたup!のマイナーチェンジを境にカタログから姿を消していたが、今回、限定車として再導入された。

エクステリアについては、専用フロント&リアバンパーとルーフレール、さらにup!では最大となる16インチの専用アルミホイールを採用。全長が15mm長く、最低地上高が10mm高い、SUVルックを強調したデザインとされた。

インテリアでは、ダッシュパッドやルーフライナー、ドアトリム、シートカラーなどをブラックで統一。ドアシルプレートやオレンジにライティングされるアンビエントライトも備わる。

さらに、プレミアムサウンドシステム「beats sound system」や純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」、スマートフォンホルダーに加えて、フルオートエアコンやシートヒーターも標準設定となるなど、機能装備の充実も図られている。

ボディーカラーは新色の「コスタアズールメタリック」(限定150台)と「トルネードレッド」(同150台)の全2色が用意される。価格は207万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
up!, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン up! の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンが「up! GTI」を発売 2019.2.13 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年2月13日、コンパクトハッチバック「up!」に特別仕様車「up! GTI」を設定し、販売を開始した。「high up!」をベースに、リアビューカメラやプレミアムサウンドシステムを装備している。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツB180(FF/7AT)【試乗記】 2019.8.9 試乗記 「メルセデス・ベンツBクラス」が全面改良によって3代目に進化。乗り出し価格で500万円オーバーとなるCセグメントモデルの出来栄えとは? ラインナップされるガソリンとディーゼルのパワーユニットのうち、まずはデリバリーが始まったガソリンモデル「B180」をチェックする。
  • マクラーレン600LTスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2019.8.8 試乗記 全方位的な改良によって走りを追求したマクラーレンの高性能モデル「600LT」に、電動ハードトップを持つ「スパイダー」が登場。“硬”と“軟”、2つのキャラクターを併せ持つ最新モデルに試乗し、完璧を求めるマクラーレンの哲学に触れた。
ホームへ戻る