フォルクスワーゲン、「cross up!」を300台限定で発売

2017.06.27 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンcross up!」
「フォルクスワーゲンcross up!」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年6月27日、コンパクトカー「up!」に特別仕様車「cross up!(クロスアップ!)」を設定し、300台の台数限定で販売を開始した。

 
フォルクスワーゲン、「cross up!」を300台限定で発売の画像拡大
 
フォルクスワーゲン、「cross up!」を300台限定で発売の画像拡大
 
フォルクスワーゲン、「cross up!」を300台限定で発売の画像拡大

今回のcross up! は、上級グレードの「high up!」をベースに内外装に専用パーツを採用し、SUV風に仕立てられたモデルである。cross up!は2017年4月に行われたup!のマイナーチェンジを境にカタログから姿を消していたが、今回、限定車として再導入された。

エクステリアについては、専用フロント&リアバンパーとルーフレール、さらにup!では最大となる16インチの専用アルミホイールを採用。全長が15mm長く、最低地上高が10mm高い、SUVルックを強調したデザインとされた。

インテリアでは、ダッシュパッドやルーフライナー、ドアトリム、シートカラーなどをブラックで統一。ドアシルプレートやオレンジにライティングされるアンビエントライトも備わる。

さらに、プレミアムサウンドシステム「beats sound system」や純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」、スマートフォンホルダーに加えて、フルオートエアコンやシートヒーターも標準設定となるなど、機能装備の充実も図られている。

ボディーカラーは新色の「コスタアズールメタリック」(限定150台)と「トルネードレッド」(同150台)の全2色が用意される。価格は207万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
up!, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン up! の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ! フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る