「アストンマーティンDB11」にAMG製V8搭載モデルが追加

2017.06.29 自動車ニュース
4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「アストンマーティンDB11」。
4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「アストンマーティンDB11」。拡大

英アストンマーティンは2017年6月28日(現地時間)、メルセデスAMG製V8エンジンを搭載した「DB11」を発表した。

 
「アストンマーティンDB11」にAMG製V8搭載モデルが追加の画像拡大
 
「アストンマーティンDB11」にAMG製V8搭載モデルが追加の画像拡大
 
「アストンマーティンDB11」にAMG製V8搭載モデルが追加の画像拡大

今回追加されたV8モデルは、最高出力510ps、最大トルク675Nmを生み出す4リッターV8ツインターボエンジンを搭載。0-100km/h加速が4.0秒、最高速度は187mph(約300km/h)という動力性能を誇る。

アストンマーティンのテクニカルパートナーであるメルセデスAMGによって供給されるV8エンジンには、専用のエアインテークやエキゾーストシステム、ウエットサンプ潤滑システムを装着、DB11のキャラクターに適合するよう調整される。また、ECUソフトも新たに開発してエンジンのリプログラミングとスロットルマッピングを行い、アストンマーティンならではのエンジンフィールとサウンドを実現したという。

実装に際しては、車両の重心を下げるためエンジンマウントと専用のスリムなウエットサンプシステムを新開発。エンジン自体がV12エンジンと比べて軽量かつコンパクトなため、V12モデルに比べて115kgのダイエットにも成功している。

エンジンの特性に合わせて車両全体の最適化も実施。その範囲はサスペンションブッシュやジオメトリ、アンチロールバー、スプリング、ダンパーからESPのソフトウエアにまで及ぶ。

エクステリアについてもV12エンジンモデルとの差別化を図っており、専用のアロイホイールやダークヘッドランプベゼル、2つのボンネットベント(V12モデルは4つ)を装備する。このボンネットベントはブラック、またはチタニウム仕上げから選択できる。

V8エンジンを搭載したDB11は、英国ウエストサセックス州で開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(開催期間:2017年6月29日~7月2日)でお披露目される。

車両本体価格は2193万8900円。すでに日本でも受注が始まっており、2017年の第4四半期に納車が開始される予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
DB11, アストンマーティン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)/ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.2 試乗記 公約通り、ほぼ9カ月に1台の割合でニューモデルを市場投入しているアストンマーティン。フラッグシップモデルとして誕生した「DBSスーパーレッジェーラ」の実力を試す場としてふさわしいのは、やはりサーキットである。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る