第182回:細かいことは忘れよう!

2020.06.30 カーマニア人間国宝への道

希代の名車に異変アリ

現行「マツダ・ロードスター」といえば、世界に誇る希代の名車。「希代の名車」という称号は、通常は絶版後に与えられるものですが、ロードスターには生前に授与したい! いや誕生と同時に授与させていただきました!

そのロードスターも、誕生からはや5年。その間、何度かマイナーチェンジを受けました。

実は、昨年暮れの地味なマイチェンで、サスペンションのフィーリングが大きく変わったと感じております。マツダのリリースには、一切記述はないのですが……。

ロードスターといえば、ソフトすぎるほどよく動く足のおかげで、そこらを流すだけで姿勢変化を楽しむことができるという、この低速交通時代に超絶マッチしたスポーツカーだった。特に初期型の「S」は笑っちゃうくらいソフトで、それでいてバランスが取れていた。サーキットでは、あまりの姿勢変化のデカさにビビったけど、それでもバランスは崩れない。公道を流して楽しむには、ノーマルのロードスターSが世界最高と思っておりました。

2017年暮れのマイチェンでは、リアサスの改良を受け、足は多少硬められ、ロールが若干抑えられた。それによって完成度はさらに高められたと感じたのであります。

ところが2019年暮れのマイチェン後は、明らかに足が突っ張るようになって、あのたおやかなロールは姿を消し、ゼブラ舗装のような路面の凹凸で、車体がズゴゴンゴンと跳ねるようになったのであります。

その時乗ったのはSの6ATなのですが、足がハードになった分、ステアリングの初期応答がシャープになり、むやみやたらに向きが変わる。ところが全体のバランスが取れてないので、簡単にリアが滑って車両安定化装置が介入しまくり!

完全無欠だった希代の傑作が、いったいどうなってしまったんだ!? 機会があったらもう一度確認しなきゃ! と思ってました。

そのロードスターにリベンジ試乗。今回はS(6MT)をベースにした「シルバートップ」という特別仕様車(すでに受注終了)です。

2019年11月に登場した「マツダ・ロードスター」の特別仕様車、「シルバートップ」。
2019年11月に登場した「マツダ・ロードスター」の特別仕様車、「シルバートップ」。拡大
「シルバートップ」はグレーのソフトトップを採用し、落ち着いた雰囲気でまとめられている。
「シルバートップ」はグレーのソフトトップを採用し、落ち着いた雰囲気でまとめられている。拡大
2015年に登場当時の「マツダ・ロードスター」。(写真=池之平昌信)
2015年に登場当時の「マツダ・ロードスター」。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

マツダ ロードスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ100周年特別記念車 2020.6.19 画像・写真 マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。今回は、その中から7モデルをピックアップ。特徴的なディテールやカラーコーディネートを写真で紹介する。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • カワサキ・ニンジャZX-25R SE KRTエディション(MR/6MT)【レビュー】 2020.11.28 試乗記 2019年の東京モーターショーで公開されるや、久々の「250cc 4気筒エンジン搭載モデル」として二輪ファンを沸かせた「カワサキ・ニンジャZX-25R」。その走りを、レーシングチームのカラーをまとう上級モデルで試した。
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:無限/NISMO編)【試乗記】 2020.11.26 試乗記 メーカー直系のチューニングブランドが一堂に会する合同試乗会を取材。後編では、無限(M-TEC)が現在開発中のカーボンエアロを装着した「ホンダS660」と、同じく無限の用品を装着した「シビック」、エンジンまで手が入った「日産マーチNISMO S/ノートNISMO S」を試す。
  • 日産のコンパクトカー「ノート」がフルモデルチェンジ 電動車としての性能がアップ 2020.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2020年11月24日、フルモデルチェンジしたコンパクトカー「ノート」を発表した。3代目となる新型は、「e-POWER」と呼ばれるハイブリッド専用モデルで、同年12月以降、順次販売が開始される。
ホームへ戻る