「プジョー208」に199万円のエントリーモデルが登場

2017.07.03 自動車ニュース

プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月3日、「プジョー208」に特別仕様車「First Selection(ファーストセレクション)」を設定し、240台の台数限定で発売した。

「208スタイル」の6段ATモデルをベースに装備を簡略化し、戦略的な低価格が設定されたエントリーモデルが208ファーストセレクション。「初めての輸入車、初めてのプジョー車」がキーワードとされている。

省略される装備はバックソナーとレザーステアリング、スーパーティンテッドガラスで、エクステリアデザインやプジョー独自のインテリアコンセプト「iコックピット」、タッチスクリーン、アクティブシティブレーキなどはそのままとされている。

ボディーカラーは「リオハレッド」「ダークブルー」「ビアンカホワイト」の全3色が設定される。

価格はベースモデルよりも18万円安い199万円。

(webCG)

「プジョー208ファーストセレクション」
「プジョー208ファーストセレクション」拡大

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • メルセデス・ベンツB180(FF/7AT)【試乗記】 2019.8.9 試乗記 「メルセデス・ベンツBクラス」が全面改良によって3代目に進化。乗り出し価格で500万円オーバーとなるCセグメントモデルの出来栄えとは? ラインナップされるガソリンとディーゼルのパワーユニットのうち、まずはデリバリーが始まったガソリンモデル「B180」をチェックする。
  • 「BMW 6シリーズグランツーリスモ」にディーゼル仕様の新グレード 燃費はWLTCモードで15.6km/リッター 2019.8.2 自動車ニュース BMWジャパンは2019年7月26日、「BMW 6シリーズ グランツーリスモ(GT)」のラインナップにディーゼルエンジン仕様の「623d GT」を設定し、同日、販売を開始した。最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する2リッター直4ディーゼルエンジンを搭載している。
ホームへ戻る